活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

マネジャーの最も大切な仕事

2017年03月09日
リーダーシップ 0
満足度:★★★★
付箋数:24

どうすれば、ビジネスの成功と社員の幸せの
2つを同時に達成することができるのか?

  「私たちの研究は、その方法を提示している。
  そしてその実現の秘訣は無料の食事でも
  運動施設でもない。その秘訣は豊かな
  インナーワークライフ(個人的職務体験)
  を生み出す環境を作り上げること
  ――ポジティブな感情、強い内発的な
  モチベーション、仕事仲間や仕事そのもの
  への好意的な認識を育める状況を
  作り出すことだ。」

インナーワークライフとは、社員の「認識」、
「感情」、「モチベーション」の3つの要素の
相互作用によって生まれるものです。

社員の生産性と創造性を高めるには、
特典としてのインセンティブを与えるよりも、
仕事そのものに「やりがい」を感じさせる
方が効果的ということです。

本書は、3つの業界の7つの企業から、
26のプロジェクトチーム、238名の協力を得て、
実際に「日誌」を書いてもらった結果を
分析した調査がベースになっています。

そこから社員のインナーワークライフに
影響を与える出来事を追跡調査しました。

著書は、ハーバード・ビジネススクール教授の
テレサ・アマビールさんと、その夫で
心理学者のスティーブン・クレイマーさん。

お2人がハーバード・ビジネス・レビュー誌に
掲載した記事を基に、そこからさらに
深く掘り下げて本書は執筆されています。

もう少しインナーワークライフについて
詳しく説明すると、次のようになります。

  「インナーワークライフとは認識のことだ
  ―マネジャー、組織、チーム、仕事、
  ひいては自分自身に対する好意的あるいは
  敵対的な印象のことである。」

  「インナーワークライフとは感情のことだ
  ―ポジティブであれネガティブであれ、
  職場でのあらゆる出来事から生じる
  気分のことである。」

  「インナーワークライフとはモチベーション
  のことだ―何かをする際の、あるいは
  しない際の原動力のことである。」

このインナーワークライフこそが、
個人のパフォーマンスを向上させる
最大の要因なのです。

それでは、インナーワークライフに
最も影響を与えるものは何か?

  「インナーワークライフに影響を与える
  すべてのポジティブな出来事のなかで、
  最も強力なのがやりがいのある仕事が
  進捗することである。
  インナーワークライフに影響を与える
  すべてのネガティブな出来事のなかで、
  最も強力なのが進捗とは反対のもの
  ―仕事における障害だ。
  私たちはこれが根源的なマネジメントの
  法則であると考えている。」

これを本書では、「進捗の法則」と呼びます。

つまりマネジャーの最も大切な仕事は、
やりがいのある仕事が前に進むように、
「進捗を支援すること」です。

これが1万2000もの日誌調査から
判明したことです。

しかし、669人のマネジャーへの調査では、
「進捗の支援」が大切だと答えた人は、
わずかに5%しかいませんでした。

本書では、この「進捗の法則」以外にも
インナーワークライフにプラスの影響を
与える要素を2つ挙げています。

それが「触媒ファクター」と「栄養ファクター」。

お2人は、この3つの要素に注目して、
マネジメントする方法を解説しています。

マネジャー職の方にとっては、これまでの
マネジメント方法を見直すきっかけになる
本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「日誌の調査によって判明したのは、
  ポジティブな感情と創造性には決定的な
  関連性があるということだ。」

このポジティブな感情は、当日だけへの
影響ではなく、翌日、さらにはその翌日の
創造性にもプラスの効果を与えています。

これは、認知心理学で言う「孵化効果」。

一旦アイディアを寝かせておいて、
しばらくしてから新たな閃きが現れる効果
にも通じているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません