活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

2050年 衝撃の未来予想

満足度:★★★
付箋数:22

TAC株式会社の藤明さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、2050年に何歳になっていますか?

この記事を書いている2017年から33年後です。

現在、30代の人は60代、70代になっているので、
仕事も定年になっている頃でしょう。

すると2050年の未来予想をして、
社会が大きく変わっていても、あまり切実でないと
感じるかもしれません。

しかし、苫米地英人さんは次のように言います。

  「それでも私が2050年の未来予測に十分意味が
  あると考えるのには、確固たる理由があります。
  それは、2050年には “60代、70代は働き盛り” 
   “90代でも若造” の時代になっているからです。」

苫米地さんは、2050年に平均寿命が120歳に
なっていてもおかしくないと考えます。

それは、今後も医学が進歩していく限り、
私たちの寿命も延び続ける可能性が高いからです。

実現の可能性はさておき、もし、平均寿命が
120歳になるならば、「60代、70代は働き盛り」
と考えるのはそれほど違和感はありません。

平均寿命が80歳代の今でも、経済界では
60歳は若造と言われますから、「90代でも若造」
と言われる可能性もあるでしょう。

苫米地さんが、本書で描くのは、
平均寿命が120歳になっているかもしれない
「2050年の未来図」です。

ところで、なぜ、苫米地さんは、
5年後、10年後ではなく、そんな先の未来を
本書で予想したのでしょうか?

  「未来を知って、よりよい未来に変えたいと
  思うならば、すでに一部の人たちが描いた
  現実である5年後10年後の予想など意味が
  ありません。そうではなく、少なくとも
  今まさに開発中の技術の特許が切れる
  20年先、さらに、その技術が一般化し、
  社会に本質的な変化をもたらす30年先、
  40年先を予想しなければ意味がないのです。」

未来予測をする場合、最も大切なのは、
ベースにある「社会構造」の変化です。

5年後、10年後では、現在の社会構造が、
大きく変わっている可能性は高くありません。

しかし、今から30年以上先の世界は、
社会構造が激変している可能性があるため、
未来予測する意味があるのです。

では、30年以上先の未来を、一体どのように
予測すればいいのでしょうか?

ここで思い出すのが、「歴史は繰り返す」
という言葉です。

しかし、苫米地さんは、この考えは誤りで、
未来を見誤る誤謬だと指摘します。

  「正確にいえば、歴史を生み出してきた
  社会や人間の行動理念が変わらないため、
  歴史が繰り返したように見えるのです。」

ですから、30年先の未来を予測をする場合も、
もっとも重要になるのは人間です。

人間から発せられるニーズやエゴ、
それが原動力になって動く政治や経済をもとに
社会構造の変化を読み解く必要があるのです。

 ・職場すら “電子化” される
 ・巨大資本による仮想通貨の流通
 ・国家という概念の消失
 ・サイバー独立国家の誕生
 ・ポストサイバー戦争はマインドハッキング
 ・「優先国民」という新種の奴隷の誕生

苫米地さんの予測は極端かもしれませんが、
実際にそうなったときにどうするかを
予めシミュレーションしておくことは
大切だと思います。

また「巻末提言」として、直近の未来では、
トランプ政権誕生後の国際情勢も予想。

苫米地さんは、未来学者、社会学者
ではありません。

この分野の専門家ではないからこそ、
逆に、ここまで大胆な予想ができた
ように思えます。

この本から何を活かすか?

「公務員はすべて人工知能になる」

苫米地さんが予測する究極は、
国家の運営では、内閣総理大臣と
検察庁長官と最高裁長官の3人以外は
すべて人工知能に置き換えられた状態。

しかし、その3人すら人工知能になり、
巨大な人工知能が国家を運営する時代が
やがてやってくる。

さすがに、そうなるのは2150年ぐらい
と予想しています。

2050年は、その過渡期にあたり、
公務員の仕事のうちルーティン色の
強いものから、人工知能に置き換わる。

あり得ないような未来の話を先に聞くと、
30年先の大胆予想は、普通に起こり得る
ように思えるのが不思議です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2979-dd8a33fd

TRACKBACK

2050年衝撃の未来予想  苫米地英人  読書感想  ビジネス本

2050年衝撃の未来予想 著者 苫米地英人 新たな知識を求めてこの本と出逢う。 未来予想は、ありとあらゆる事で知りたい、そう思う方々は多いのではないでしょうか? 私もその1人です。 未来と言っても自分の将来などの未来ではなく社会という概念での未来です。 まだ見ぬ世界を見て見たい! そう思いながら、読書や投資に明け暮れる日々。 そんな時に本屋でふと目に入った一冊。 2050...

| 読書と足跡 | 2017/04/15 06:54 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT