活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

僕らが毎日やっている最強の読み方

満足度★★★
付箋数:22

  「この本では池上さんと二人で、多忙な
  ビジネスパーソンが “新聞”  “雑誌”
   “ネット”  “書籍” をどうすれば深く、速く
  読むことができるのか、その技法について
  話していきます。私たちが日々実践している
   “読み方” をここまで体系的に解説するのは、
  この本がはじめてになりますね。」

  「そうですね。たとえば佐藤さんも私も、
  世の中を “知る” 基本ツールとして、
  新聞を重視していますが、当然ながら、
  読んでいる新聞や読み方には、それぞれ
   “共通点” もあれば “違い” もあります。
  雑誌や書籍、そして日々激変する
  ネットメディアにつても同じです。
  私たちが “何をどう読んでいるのか” 、
  読者には “何をどう読んでほしいのか” 、
  その両方についてできるだけ具体名を
  あげながら詳しく紹介したいですね。」

本書は、わかりやすく伝えることに関しては
右に出る者がいないジャーナリストの
池上彰さんと、圧倒的な知識量で知の巨人
とも呼ばれる作家の佐藤優さんの対談本です。

新聞、雑誌、ネット、書籍、それに加え、
教科書・学習参考書について、何を選び、
どのように読むべきかについて、
お互いの愛読紙・愛読書等を紹介しながら
語り合います。

それぞれの媒体について、お二人が読む際の
ポイントとして挙げていることをいくつか
紹介します。

<新聞>
 ・情報収集の基本は新聞だが、全国紙1紙
  では不十分。最低2紙に目を通さないと、
  ニュースの一部しか拾えない。

 ・「見出しだけで済ませる記事」「リード
  まで読む記事」「最後の本文まで読む記事」
  の3段階に分けて読む。

<雑誌>
 ・電子雑誌の定期読み放題は、まさに革命。
  雑誌との付き合い方が劇的に変わる。

 ・新聞と同じで、雑誌も「拾い読み」が基本。
  隙間時間には雑誌、まとまった時間には
  書籍を。

<ネット>
 ・ネットは「上級者」のメディア。
  情報の選別には、かなりの知識とスキルが
  必要。

 ・「非常に効率が悪い」メディア。
  同じ時間なら、新聞や雑誌を読むほうが
  効率的。

<書籍>
 ・世の中を「理解する」には書籍がベース。
  いい基本書を熟読し、基礎知識を身につける。

 ・いい本に出会うコツは「本をたくさん買う」
  こと。本は「迷ったら買う」が原則。
  本の情報は安い。

<教科書・学習参考書>
 ・読書で「知の型」「思考の型」を身につける。
  基礎知識を強化するには、小中学校の
  教科書が最適。

 ・歴史の学び直しには「日本史A」「世界史A」
  を活用。「基本」と「大まかな流れ」が
  いっきにわかり、効率的。

また巻頭にはお二人のオフィスの写真も
掲載されています。

書棚、スマホやタブレットのホーム画面、
スクラップやノート、その他使っている
小物まで惜しみなく公開されています。

佐藤さんが休憩する仮眠用のベッドには
動物のぬいぐるみが置いてあったのが
意外でした。

知の扱いについては突出したお二人なので、
完全に真似することはできませんが、
参考にできることは多いと思います。

この本から何を活かすか?

池上さんは、本にはA4コピー用紙の裏紙を
四つ折りにして挟んでおいて、気になる内容や
参考になる文章があると、その紙に書き込んで
おくそうです。

手を動かしながら読むことで、記憶にも定着し、
A4の紙をそのままクリアファイルに入れて
保管することもできるから。

書込みには速記用のシャープペンシルを使い、
芯の太さは0.9ミリで濃さは2Bを愛用して
いるようです。

私も書込みにはシャーペンを使っていて、
濃さは同じく2Bですが、太さは0.7ミリです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2948-1fdf10ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT