活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

会議でスマートに見せる100の方法

満足度★★★★
付箋数:29

  「労働時間のじつに75%が会議に費やされる
  そうだ。しかし、それらの会議のうち3分の1
  以上は次の会議の計画に使われる。
  そして全体の6分の1がボンヤリしているせいで、
  いま言われたことを聞き返すために使われ、
  さらに6分の3は、本来はメールで済ませる
  べきだったことに使われる。
  会議ではだれもがウワの空だ。だから、先を
  越すためには、だれよりもウマくウワの空に
  なることが必要だ。
  会議はじつは、リーダーの素質、社交能力、
  そして分析的でクリエイティブな思考能力を
  アピールする絶好のチャンスなのだ。」

本書は、小手先のテクニックだけを使って
会議でスマートに見せる裏ワザを紹介した本。

著者のサラ・クーパーさんはYAHOO!に
勤めていた当時、ヴァイス・プレジデントら
との会議の経験から、裏ワザを留めるように
なったそうです。

その裏ワザを駆使して、7年後には、
Googleでマネージャーになり、
それまで以上に会議に呼ばれるように
なりました。

本書で紹介される100個の裏ワザは、
とにかく、バカバカしくて最高です。

いつも無駄な会議や非効率な会議に出ていて、
イライラしている人をスカッとさせることは
間違いありません。

非常にくだらなくて、表面的なテクニック
ですが、会議に参加している人の心理を
鋭く突いています。

そして、たまに役立つものもあります。

では、本書から3つの裏ワザを紹介します。

まずは、苦痛・不要・退屈のいずれかに
当てはまる、普段の会議でスマートに
見せる裏ワザ。

 No.1 ベン図を描く

  「立ちあがり、ベン図を描くのは、
  スマートに見せるすぐれた方法だ。
  ベン図はデタラメでも構わない。
  むしろ、デタラメなほうがいい。
  あなたがマジックを置く間もなく、
  同僚たちは領域の名称や円の大きさに
  ついてああでもないこうでもないと
  議論しだすだろう。そうなればしめたもの。
  あなたはこっそり席に戻り、
  スマホゲームを再開できる。」

次に、あなたが本当は何をしていても
相手には見えない、電話越しの会議に
参加する場合の裏ワザ。

 No.21 全員そろっているか聞く

  「会議がはじまる前に、全員そろっているか
  聞く。特定の人の名前を出し、その人が
  いるかどうかを聞いて、もしいなかったら、
  彼女は出席すべきじゃないかとたずねる。
  みんながあなたの細やかな配慮に感心する
  だけでなく、あなたは真の社交家に見える。」

3つ目は、ブレインストーミングで、
存在感を発揮して、勝者となる裏ワザ。

 No.63 シンプルだが深遠そうなたとえを言う

  「問題を明らかにしようとするとき、
  ケーキ作りなど、まったく関係のないことで
  たとえる。あなたのたとえが議題とどう関係
  するのか理解できなくても、みんなうなずいて
  みせるだろう。みんなが理解できない話を
  することで、あなたは近寄りがたいほど
  超越的にクリエイティブに見える。実際は、
  ただケーキが食べたいだけだとしても。」

会議で本書の裏ワザを使うかどうかは
別にして、会議に出る機会が多い人なら、
「会議あるある」として、笑えること間違いなし。

本書を1冊会議室にそっと置いておくだけで、
反面教師となって、意味のある会議が
できるようになるかもしれません。

この本から何を活かすか?

本書で紹介される「描くだけでスマートに
見える21個の無意味な図形」もなかなか
秀逸です。

会議で、おもろに立ち上がって、
ホワイトボードに殴り描きしてみましょう。

 ・VISIONと書いて、丸で囲む。

 ・三角形と、そのてっぺんに向けた矢印を
  描いて「私たちは、集中すべきところを
  見失っていない?」と聞く。

 ・X軸とY軸を描き、ホッケーのスティック
  みたいな折れ線を加える。

 ・左下から右上に上がった一本の矢印を描き、
  左下にA、右上にBと書き加え、「A地点から
  B地点に行くにはどうしたらいい?」と聞く。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会議術・ファシリテーション | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2947-00e1f1e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT