活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

脳を最適化すれば能力は2倍になる

満足度★★★★
付箋数:28

2004年アテネオリンピックで金メダル、
2012年ロンドンオリンピックで銅メダルを
獲得したハンマー投の室伏広治選手。

室伏選手が、ハンマーを投げる直前に、
大きな声を出すところをテレビで見たことが
ある人も多いでしょう。

よく見ると室伏選手に限らず、ハンマー投の
選手の多くが、同じように投げる直前に
大声を出しています。

なぜ、ハンマー投の選手は、大声を出すのか?

「気合を入れる」ために、大声を出している
ように思えるかもしれません。

もちろん、そういった心理的な面の効果も
あることでしょう。

しかし、大声を出す最も大切な理由は
他にあります。

それは脳内物資の1つである「アドレナリン」
を分泌させること。

大きな声を出して叫ぶことで、脳に刺激が
与えられ、アドレナリンが分泌されるのです。

アドレナリンには、大きく2つの効果があります。

1つ目は、身体機能や筋力を一時的に
アップさせる「身体に対する効果」。

2つ目は、集中力や判断力を高める
「脳に対する効果」です。

このシャウティング効果は、実験的にも
確かめられていて、他のスポーツでも
用いられています。

元プロレスラーのアニマル浜口さんが、
「気合だー、気合だ―!!」と連呼すると、
応援する相手よりも、浜口さん自身に、
アドレナリンが分泌されているのです。

しかし、アドレナリンが分泌されると、
プラスの効果だけでなくマイナスの効果も
あります。

アドレナリンが過剰分泌されてしまうと、
血圧が上がり過ぎて、筋肉がこわばって
しまいます。

また、冷静さを失って暴走してしまう
可能性もあります。

更に、アドレナリンは依存性もあるので、
常にその状態を求めてしまう
アドレナリン・ジャンキーになる
危険性もあるのです。

アドレナリン・ジャンキーになると、
心臓疾患、脳卒中、糖尿病、癌などの
身体の病気だけでなく、うつ病などの
心の病気になる可能性もあります。

アドレナリンは、あくまで「勝負物質」なので、
オンにするのと同様に、オフにすることも
重要なのです。

さて本書は、米国で脳科学の研究にも
携わっていた精神科医の樺沢紫苑さんによる
脳内物質を活用した仕事術の本です。

本書で紹介される脳内物質は以下の7つです。

  ・ドーパミン(幸福物質)
  ・ノルアドレナリン(闘争か逃走か)
  ・アドレナリン(興奮物資)
  ・セロトニン(癒やしの物質)
  ・メラトニン(睡眠物質)
  ・アセチルコリン(記憶と学習)
  ・エンドルフィン(脳内麻薬)

実際に脳内物質は50以上ありますが、
その中でも脳の重要な役割を担っている
7つを厳選して仕事術としてまとめています。

これまでにも、どれか1つの脳内物質を
扱った本はたくさんありますが、
樺沢さんは、あえて1冊の本の中で、
7つの脳内物質を紹介しています。

その理由は、脳内物質は「バランス」が
重要だからです。

どれか1つの物質が多過ぎてもダメで、
脳や身体がうまく働かなくなるので、
バランスをとるために、7つの脳内物質を
まとめて紹介しているのです。

本書は非常に濃い内容の本で、
1冊でここまで内容が詰まっている本は
珍しいと思います。

こんなお買い得の本は滅多にありませんが、
1点だけ注意が必要です。

それは、本書が2010年にマガジンハウスから
刊行された『脳内物質仕事術』の改訂版で
あることです。

以前の本を持っている方だけは、
本書を購入する必要はないと思います。

私はそうと気づかず、本書を読みましたが、
改めて樺沢さんの本の凄さを実感しました。

この本から何を活かすか?

セロトニンは癒やしの物質で、覚醒や気分、
心の安定と深く関わっています。

このセロトニンをうまく活用すると、
朝の時間がゴールデンタイムになり、
量と質の両方で仕事の効率が上がります。

では、どのようにするとセロトニンが
うまく生成されるのか?

その方法は、ズバリ「カーテンを開けて寝る」。

カーテンを閉めずに、朝日を浴びて
目覚めることが、セロトニンの合成を促し、
朝のゴールデンタイムを作るのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2943-e1ab533c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT