活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

マイクロトレンド

マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと
マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと
(2008/04)
マーク J.ペンE.キニー・ザレスン 商品詳細を見る

満足度★★★

先日、記事にした「マインドセット」の著者、
ジョン・ネスビッツさんは、
ベストセラーになった「メガトレンド」で有名ですが、
本書は、それと対極にある「マイクロトレンド」です。

著者は、PR会社バーソン・マーステラCEOで、
ヒラリー・クリントンさんの選挙アドバイザイーも務めた
マーク・J・ペンさん。

  「私たちの身の回りには、かつてないほどの選択肢が溢れ、
  もはや誰もが夢中になる巨大トレンドは存在しない。
  その代わりに、1%のマイクロトレンドが、
  世の中に大きな影響を及ぼすようになった。」

このようにペンさんは説明します。

「80対20の法則」に対して、「ロングテールの法則」が提唱されたように、
「メガトレンド」に対しての「マイクロトレンド」といった感じでしょうか。

本書のマイクロトレンドは、「ある嗜好を持つ人々(グループ)」
としてまとめられています。

紹介される41項目は、“マイクロ”と言いつつも、
自分も含め、けっこう身の回りに該当する人がいて、
興味深く読むことができます。

私の友人で、札幌から首都圏へ通勤している変わり者がいますが、
本書でも「超長距離通勤者」がマイクロトレンドとして
紹介されていたのには、驚きました。

  「木々をつぶさに見たことで、森全体の様子が違って見えた」

とペンさんは書いていますので、身の回りで起こっている
小さなトレンドでも、大きな影響力を持つものがないか
注目していきたいところです。

この本から何を活かすか?

訳者の吉田晋治さんは、日米での事情の違いを考慮して、
原書より41項目を抜粋して翻訳したと、
「訳者あとがき」に書いています。

何が、省略されたかが気になりましたので、
Amazon(USA)で原書「Microtrends」を
“なか見!検索”で見てみました。

原書は、75項目のマイクロトレンドが紹介されている様子です。

章立ても異なっていて、「Race and Religion」と「International」
の章が翻訳版にはないようです。

こちらも、読んでみたいところですが、
そこまで時間に余裕はなさそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/294-381e7995

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT