活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

生産性

満足度★★★
付箋数:23

マッキンゼー・アンド・カンパニーで
17年間勤務した伊賀泰代さんは、
日本企業と米国企業では、優秀な人材に求める
資質やその育成方法に関して、
2つの大きな違いがあると感じました。

1つは「リーダーシップ」の意識の差です。

リーダーシップについては、伊賀さんの前著
採用基準』で言及されています。

もう1つ、極めて差が大きいのは「生産性」。

本書で伊賀さんは、いかに組織と人材の
生産性を上げるかを語ります。

  「日本の製造現場の生産性は、長らく他国を
  圧倒してきました。しかし、まさにそのために
  日本では、生産性という概念がまるで
   “工場のオペレーションの効率化の話” 
  であるかのように捉えられてしまっています。
  それ以外の分野における生産性への関心の
  低さは、国際的な産業別の生産性比較の
  結果にも顕著に表れています。
  日本のホワイトカラーやサービス業の
  生産性は、欧米先進国に比べて著しく低いと
  何度も指摘されているにもかかわらず、
  その状況はいまだ改善されることはありません」

生産性とは、「成果物」と、その成果物を
獲得するために「投入された資源量」の
比で計算されます。

簡単に言うと、アウトプットをインプットで
割ったものですから、生産性を上げるには、
インプットを少なくしてアウトプットを多く
するしか方法がありません。

日本で生産性向上というと、時間やコストの
削減にばかり目がいってしまいますが、
改善や改革によって成果を上げることでも、
生産性向上は可能です。

本書では、そこに至るアプローチの違いにより、
生産性を上げる方法を4つに分類しています。

 1. 改善=インプルーブメントにより、
  投入資源を小さくする
 2. 革新=イノベーションにより、
  投入資源を小さくする
 3. 改善=インプルーブメントにより、
  成果を大きくする
 4. 革新=イノベーションにより、
  成果を大きくする

特に、多くの企業で生産性の低さが指摘される
ものの代表に「会議」があります。

そのため、「いかに会議の時間を短くするか」
が会議の生産性を上げることと同意と
考えられていますが、大切なのは
会議の成果を高めることなのです。

会議で一番疲弊してしまうのが、時間だけ
ダラダラとかかって、結局何も決まらなかった
というパターン。

それを避けるためには、会議の達成目標を
次の5つのどれかに定めて、それが達成できる
ように準備して会議に臨む必要があります。

 ・決断すること
 ・洗い出しすること(リストを作ること)
 ・情報共有すること
 ・合意すること=説得する=納得してもらう
 ・段取りや役割分担など、ネクストステップを
  決めること

ただし、目標が「洗い出し」だからといって、
その場で「何か意見はありませんか?」と
募っても、時間だけかかってしまいます。

事前に議論のたたき台となるリストを
作っておいて、会議ではその資料を見ながら
不足しているものを追加する方法を取ります。

本書は、生産性をテーマにした本ですが、
自分自身の生産性よりも部下の生産性、
個人の生産性よりもチームの生産性に
フォーカスした本になっています。

それは伊賀さんがマッキンゼーで人材育成、
採用のマネジャーだったバックボーンに
よるものです。

この本から何を活かすか?

  「そもそも “成長する” とは “生産性が上がる”
  ということに他なりません。」

生産性の向上による「成長」とは、
次の4つのサイクルを回すことのようです。

 1. 今まで何時間かかってもできなかったことが、
  できるようになる。
 2. 今まで何時間もかかっていたことが、
  1時間でできるようになる。
 3. 今まで1時間かかって達成していた成果より
  はるかに高い成果を、同じ1時間で達成できる
  ようになる。
 4. 生み出せた余裕の時間で、今はまだできて
  いないことにチャレンジを始める。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2932-64ec52e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT