活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

大前研一 IoT革命

満足度★★★
付箋数:20

  「IoT(Internet of Things)とは、
  センサーを組み込まれた通信機能をもった
   “モノ” がインターネットによって
  あらゆるモノとつながるようになった
  状態を指す。
  私がIoTと関わるようになったのは、
  まだIoTという言葉も存在していなかった
  2000年頃だ。
  USWest会長だったソル・トルヒーヨ氏が
  サンディエゴの全米初のM to M(Machine to
  Machine)の会社を立ち上げ、私はそこの
  社外取締役として加わったのである。」

本書は、IoT革命について大前研一さんが
網羅的に解説した本です。

但し、大前さんが書いているのは第1章のみで、
第2章は村井純さん、第3章は島田太郎さん、
第4章はヴェルナー・ケストラーさんが
担当しています。

  「IoTといえば、なにかハイテクで非常に
  難しいことといった印象を持つ人もいるだろう。
  だが、要するに、オリジナルデータを集めて、
  プロセシングし、結果から意味を引き出す
  という一連の流れを、機械同士で担わせる
  ということなのである。いまはInternet of
  Everything、すべてのものがネットでつながる
  時代なので、発振子とセンサーがあれば
  それらが可能になるのだ。」

表面的な現象を見るのではなく、本質を捉えて、
そこに過去の自分の経験を加えて説明するのが
いかにも大前さん的です。

大前さんのパートは、全部で50ページ程で、
最初の約20ページでIoTの全体像を語り、
残り30ページで事例を紹介しています。

充実しているのはこの事例のパート。

先進国の製造業におけるIoTの取り組み、
22事例が紹介されています。

ドイツのインダストリー4.0、
米GEのインダストリアル・インターネット、
コマツのKOMTRAXとKomConnect、
クボタのKSAS、ウエザーニューズ、
仏ミシュランのサービスとしてのタイヤ
などなど。

私が個人的に知りたかった自動車については、
「車の自動運転と高度交通システムの新しい形」
としてヴェルナー・ケストラーさんが
解説していました。

高齢になっても、生活するために車の運転が
どうしても必要な人たちがいるため、
高齢者の自動車事故がニュースになることも
多くなっています。

歳をとって自分で運転するのが困難になっても、
完全な自動運転が実現していれば、自動車事故
などの問題は解決します。

こらからの高齢化社会においては、
自動運転の技術が必要だと思います。

将来的に完全な自動運転が実現すれば、
自動車運転免許さえもいらなくなるかも
しれません。

  「自動運転においては、二つのビジネスモデルが
  考えられます。一つ目はメルセデス、BMW、
  トヨタなど従来の自動車メーカーが取り組んで
  いる、自社で生産する車に自動運転の機能を
  装備して販売するというビジネスモデル。
  二つ目は、モビリティのプロバイダーが、
  サービスを展開する手段である自動車に、
  自動運転機能を付け加えるというモデルです。」

例えば、話題になっているUberは、
移動したい人とそれを手伝いたい人を
マッチングするプラットフォームを提供する
ビジネスを行っています。

自社の営業用の車は1台も持っていません。

現在のUberの最大の悩みは、移動手段として
車を利用したい人の需要に、車とドライバーの
供給が追いついていないことです。

自動運転が可能になれば、ドライバー不足
というUberの問題も一気に解決します。

本書は、IoTについて一から始めて全体感を
掴むには、ちょうどいい本だと思います。

ただし、ある程度IoTについて知っている方に
とっては、少し物足りなく感じるかもしれません。

この本から何を活かすか?

労働時間から見た購買力平価GDPを比較すると、
ドイツは日本の1.5倍あるそうです。

日本人が1時間働いて100円儲けているのに対し、
ドイツ人は同じだけ働いて150円儲けている
ということです。

この違いは、いったいどこからくるのか?

本書のなかで、ドイツに在住経験のある
島田太郎さんは次のように説明しています。

  「ドイツでは、あらゆることが標準化されて
  います。そのため対応は規則的で、こちらの
  事情などおかまいなし。片やおもてなし文化の
  日本では、かゆいところに手が届くという
  表現もあるくらい臨機応変なサービスを、
  するほうもされる方も当然だと思っています。
  そのため、日本は非常に快適に暮らすことが
  できる半面、多くの無駄が生まれている。
  だから、生産性が低いのも当然です。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2930-4567b006

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT