活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

品格を磨く

満足度★★★
付箋数:23

  「素晴らしい業績を挙げている組織には、
  必ず一体感があります。リーダーがいて、
  サブリーダーがいて、現場の人たちがいる。
  そのすべての人たちが一体となって働いて
  いるのです。では、その一体感をつくり出して
  いるものは何なのでしょうか?
  品格について難しい言葉で語ることなら
  いくらでもできるでしょうが、私は、
  その一体感をつくり出しているものこそが、
  組織の、すなわち、組織を構成する
  一人ひとりの “品格” だと思っています。
  逆に言えば、 “一体感を生み出す感性” 
  こそが、“品格”です。」

本書は、リッツ・カールトン日本支社長として
名を馳せた高野登さんが「品格」について
語った本です。

高野さんは、35年間のホテルマンとしての
人生をピリオドを打った後、100年先を見据えて
今の生き方、あり方を考える経営者の学びの場、
「寺子屋百年塾」を2009年から開講しました。

本書は、その中のひとつ、九州寺子屋百年塾で
2015年に行った講義をまとめたものです。

高野さんが考える「品格」とは、「一体感を
生み出す感性」ですが、では、「一体感」を
生み出すためにもっとも重要なことは何か?

それは、自分自身の「欲」です。

完全ではなくとも、できる範囲で「欲」を捨て、
「私」あるいは「我」を捨てることが、
一体感を生むためには必要なのです。

本書には、品格を持った経営者のエピソードが
いくつも掲載されていますが、ここでは
HISの澤田秀雄社長の話を紹介しましょう。

澤田さんは、倒産したハウステンボスの
経営再建を行いましたが、再建に乗り出した
初年度の1996年に開業以来初の営業黒字の
決算を発表しました。

それも、リストラゼロで黒字化したのです。

澤田さんはハウステンボスを立て直す際に、
3つのことだを徹底したと言います。

それは、挨拶すること、整理整頓すること、
ちゃんとした身なりで仕事することです。

整理整頓の中には、施設のどんなところでも、
錆があったら落として塗装する、ひっかき傷が
あったら直す、といったことを含みます。

この3点を徹底して行うために、澤田さんは
泊まり込み、毎日、社員の前に立って、
「笑顔ってこれだよ」「こういう表情で
やろうよ」と自ら挨拶の実践をしたそうです。

そして、入社以来ほとんどボーナスを
もらったことのない社員に向かって
「私はみなさんにボーナスを払いたくて
しかたない、そのためにこの会社を
買ったんだ」と言い続けました。

これまでも、立て直しに来たオーナーが
何人もいて、その度にすぐに去っていったので、
この人も最初だけで、すぐに逃げ出すだろうと、
社員の誰もが思っていました。

しかし、澤田さんは1ヶ月経っても、3ヶ月
経っても毎日やって来きて、熱く語り続ける。

もしかしたら、この人は本気なのかもしれない。

このように社員が思い始めたころ、
澤田さんは社員に向かって言いました。

  「みなさん、もうひとつだけ約束してください。
  いままでよりも早足で歩いてください。」

そして、儲からない会社で働いている人たちは、
こやってのろのろ歩く、こうれをもう少し
早足であるくとどうなるか、と手本を示し、
全員に歩く練習をさせました。

すると社員の表情がみるみると変わっていった
そうです。

このように、いい会社をつくっていく人には、
リーダーの品格があり、その会社には組織の
品格があります。

それは、社員一人ひとりが、会社が自分に
何をしてくれるかではなく、自分が会社に
何ができるかを考える姿勢を持つこと。

それが欲を捨てることによって生まれる
品格なのです。

本書は、実際に高野さんが語りかけている
雰囲気が伝わり、非常に読みやすい文体で
まとめられています。

この本から何を活かすか?

  外見は、内側にあるものの反映として重要

中身がきちんとしていれば、外見はどうでも
いいと考えている人もいますが、
高野さんは、それは違うと指摘します。

なぜなら、あの人は品格があるとか、
品性に欠けると言うときに、ほとんどの場合、
外見からそれを判断しているからです。

  「いわゆる“ 外見” というのは、その人の
  持っている内面の、いちばん外側のことを
  意味します。」

外見がいちばん外側の中身である以上、
それを大切にしない理由はありません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2921-dd6710fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT