活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

まるで本当のような嘘の話

満足度★★★
付箋数:18

  「あまた出されている『雑談力が向上する本』
  を読んでも、残念ながら雑談が上手になるとは
  かぎらない。なぜなら会話のトーンや話の
  聞き方、あいずちの打ち方などについて
  書かれた本が大半だし、それより何より、
  面白い雑談とは “雑学” という知識に
  裏打ちさている必要があるからだ。
  英単語を覚えずに英会話をいくら習っても
  英語を話せるようにはならない。
  雑談力を上げるためには、
  どうでもいい知識=雑学を常に仕入れる
  地道な努力を怠ってはいけない。

  雑学こそ、大人の最高の教養なのだ。」

さて、本書は話のネタとなる雑学を集めた本ですが、
昔からよくある「嘘のような本当の話」の本
ではありません。

その逆で、「まるで本当のような嘘の話」を
集めた本。

嘘なのにとてもよくできたストーリーのため、
語り継がれてきた話や、ずっと真実と信じられて
きたエピソードが近年の研究によって嘘だと
判明した話を59話厳選して掲載しています。

では、本書から「まるで本当のような嘘の話」を
2つほど紹介しましょう。

1つ目は、「木の切り株に見える年輪で、
東西南北の方角がわかる」という話。

太陽の光をたくさん浴びて成長するから、
年輪の幅広いほうが南側という話を
聞いた経験はないでしょうか。

年輪の中心から長さの長いほうが
日当たりのいい南側というのは、
説得力があるように思えますが、
実はまったくの嘘なのです。

実際、山に生えている木の切り株を
見比べても、方向には関係なく、
木によっても年輪の幅はまちまち。

そもそも、日光によって成長が違うなら、
丸い幹は形成されず、ものすごく偏った
楕円形になるはずです。

実際には気象条件の悪い年には年輪の幅は
狭くなり、逆によい年には広くなります。

木の傾きによっても、年輪の幅の違いが生じ、
傾いた方向の年輪は広くなります。

また、木が立っている場所の傾斜にも
年輪は影響を受け、低い方の年輪は広く、
高いほうが狭くなるようです。

残念ながら、年輪によって東西南北の方角は
わかりませんが、年輪には実にたくさんの
情報が集積しています。

その情報は「年輪年代法」という学問の
1つのジャンルになっているほどです。

この本から何を活かすか?

2つ目は、「何か1つでも商品を買わないと、
自動販売機では両替できない」という常識。

財布の中にお札しか入っておらず、
どうしても小銭が必要なときに、
自動販売機で1本だけジュースを買って
お釣りの小銭を作ったことはありませんか?

この方法、小銭を手に入れるために、
飲みたくもないジュースを買うので、
どうも釈然としないところがあります。

実は、買い物をしなくても自動販売機で、
両替できる裏技があるのです。

用意するのは、1000円札2枚。

まず1000円札1枚を自動販売機に入れたあと、
もう1枚の1000円札を続けて入れます。

そこから返却レバーを下ろすと、
1枚の1000円札はそのまま戻ってきますが、
残りの1000円札は小銭に両替された形で
戻ってきます。

ただし、この裏技で自動販売機が
釣り銭切れになっては、他のお客さんに
迷惑なので、乱用は禁止。

本書には、このように知っていると
他人に話したくなる、飲み屋でも受ける
ネタが満載されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2901-ae404120

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT