活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)


満足度★★★★
付箋数:27

私は2017年に50歳になります。

そんなこともあり、ここ数年は何かにつけて、
「そろそろ人生の折り返し」と言ってきました。

つまり、私は自分の人生を100年と
想定しているのです。

あなたは、自分が何歳まで生きると仮定して、
人生設計をしていますか?

  「2007年にアメリカやカナダ、イタリア、
  フランスで生まれた子どもの50%は、
  少なくとも104歳まで生きる見通しだ。
  日本の子どもにいたっては、
  なんと107歳まで生きる確率が50%ある。」

これまでも平均寿命は延びてきましたが、
今後もさらに延びることが予想されています。

そして、「長寿化=超高齢化社会」という
図式ができあがり、特に日本においては、
社会における負の側面が話題になることが
多くありました。

しかし、長寿化はマイナス面だけでなく、
個人にとっては大きなプラス面もあります。

本書は、長寿化の恩恵に目を向け、
どうしたらその恩恵を受けられるかについて
論じた本です。

著者は、ロンドン・ビジネススクール教授で、
人材論、組織論の世界的な権威の
リンダ・グラットンさんと、2005年から
モーリシャス大統領の経済アドバイザーを
務めるアンドリュー・スコットさんです。

  「長寿化時代の私たちの人生には、経済、
  金融、人間心理、社会、医学、人口構成が
  影響を及ぼす。しかし、本書は、なによりも
  あなたについての本である。
  あなたが自分の人生をどのように計画するかが
  最大のテーマだ。あなたは、これまでより
  多くの選択肢を手にし、多くの変化を経験する
  ようになる。そうなったときに大きな意味を
  もつのは、あなたがどのような人間なのか、
  なにを大切に生きているのか、なにを人生の
  土台にしたいのかという点だ。」

長寿化にあたって、まず心配な点は、
「お金」の問題です。

しかし、長寿化に対処するために重要なことは、
それだけではないというのが、本書の主張です。

例えば、人生のステージ。

これまで私たちに刷り込まれてきたのは、
「教育→仕事→引退」という3つのステージ
による生き方です。

寿命が延びると「仕事」のステージが延びますが、
それだけでなく、今までになかった新しい
ステージを人生に組み込むことができます。

例えば、選択肢を狭めずに幅広い進路を検討する
「エクスプローラー(探検者)」のステージを
経験する人が出るかもしれません。

自由と柔軟性を重んじて小さなビジネスを起こす
「インディペンデント・プロデューサー
(独立生産者)」のステージを生きる人も
いることでしょう。

さまざまな仕事や活動を同時並行で携わる
「ポートフォリオ・ワーカー」のステージを
実践する人もいるかもしれません。

本書では、100年の人生をより良く生きるために、
お金のことも、それ以外のことについても
新しいビジョンを示してくれます。

私は自分が100歳の人生を想定していたため、
資産運用や資金計画については、
それに基づいて計算し、実行していました。

しかし、本書を読んでそれ以外の
見えない資産や、新しいステージの生き方など、
まだまだ考えが足りないことがわかりました。

この本から何を活かすか?

なんだかんだ言っても、100年生きるには、
「お金」のことも大切です。

本書には、あなたの金融リテラシーが
簡単にわかる5つの質問が掲載されていました。

ぜひ、挑戦してみてください。

 Q1 あなたが銀行に100ドル預けていて、
  利息は年2%だとする。預金を引き出さない場合、
  5年後にはいくらになっているか?

 Q2 預金の利息が1%で、インフレ率が年に2%
  だとする。1年後、あなたがその口座お金で
  買えるものは増えるか、変わらないか、減るか?

 Q3 「1つの企業の株式を購入することは、
  投資信託を買うより一般的に安全性が高い」
  ―この主張は正しいか、間違っているか?

 Q4 「15年物の住宅ローンはたいてい、30年物の
  住宅ローンに比べて月々の返済額は多いが、
  返済する利息の総額は少なくて済む」
  ―この主張は正しいか、間違っているか?

 Q5 金利が上昇したとき、債券の価格は
  どう変動するか?

正解は「Read More」に記載します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


金融リテラシーに関する5つの問いの正解

Q1 110ドルあまり
Q2 減る
Q3 間違い
Q4 正しい
Q5 下がる
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2898-7aea6f99

TRACKBACK

極私的 2016年 BOOKS ベスト5!

映画ベスト10に続き、今度は「本」でベスト5、いってみます。 こちらも毎年一度の楽しみ化している! アップに至った本は20冊程度だが、それ以外にも数的には倍以上は読んでいるので、その10分の1レベルで、5つに。 1行目はタイトルとアップ時のサブ...

| 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ | 2016/12/31 12:31 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT