活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

日本買い 外資系M&Aの真実

満足度★★★
付箋数:22

株式会社オトバンクの上田さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

台湾の鴻海精密工業(ホンハイ)による
シャープの買収が2016年8月12日に完了しました。

今後、シャープの技術力や優秀な若手人材が
ホンハイの資金力、世界レベルでの販売力、
効率的な生産能力を得て、再び輝きを取り戻す
ことが期待されています。

しかし、こうした外資による対日投資は、
実は、まだまだ少ないのが現状です。

対日直接投資残高は約18兆円で、対GDP比3.8%。

これは、世界199ヶ国中196位で、日本の
対外直接投資残高の6分の1にも達していません。

本来は外資にとって、日本企業は魅力的です。

 ・先進的で洗練された製品、サービス
 ・非効率な資産、資金運営
 ・豊富な買収融資(日本の銀行)
 ・優秀で忠誠心の高いスペシャリスト、スタッフ

要は、外資にとって日本企業は「のびしろ」が
あって、買う理由が多く存在するのです。

では、なぜ、外資による対日投資は進まないのか?

端的にいうと、日本企業の多くが、
外国企業によるM&Aを避けているからです。

日本企業は、買収を好み、売却を嫌います。
そして、国内企業同士のM&Aを好みます。

それは2000年前後についた「外資=ハゲタカ」と
いうイメージも大きく影響していることでしょう。

真山仁さんの経済小説『ハゲタカ』が、
テレビドラマ化や映画化されたことで、
一層、こうしたイメージに拍車がかかった
のかもしれません。

しかし、外資による対日投資は、資本だけでなく、
人材、知識、海外市場へのアクセス等を
受け入れるチャンスなのです。

株は外資に行きますが、資金と人材を開放し、
日本側は技術、市場、規模を手に入れることが
できるのです。

また、企業価値創造の手法としてM&Aを
考えるとき、国内だけしか視野に入れないのは、
価値創造の最大化に適しているとは言えません。

本書は、今まであまり取り上げられなかった、
外国企業による日本企業の買収をテーマに
した本です。

著者は、名門外資系ファンドの
元日本代表の加藤有治さん。

加藤さんがこれまで直接関わった、
対日直接総投資額は、3300億円という、
その道のプロフェッショナルです。

本書では、外資系M&Aの駆け引きと
価値創出の実態が明かされます。

読者として想定されているのは、対日M&Aを
活用して経営資源を取り込みたいと考える
経営者のみならず、望まない外国企業からの
買収を避けたい経営者も対象です。

また、外国企業にサービスを売り込みたい
銀行員やプロフェッショナル。

外国企業の傘下に入った日本企業で
生き残りたいビジネスパーソン。

外国企業に就職し、世界を舞台に活躍したい
学生なども読者として想定されています。

 ・「対日M&A」とは、誰が何を買うことなのか?
 ・「対日M&A」は、実際にはどう行われるのか?
 ・外国企業は、誰と協力し、誰と争いつつ、
  買収や経営を実行しているのか?
 ・「対日M&A」は具体的には、どう行われて
  きたのか? 成果は上がっているのか?
 ・「対日M&A」はデメリットの方が
  大きいのではないか?
 ・「対日M&A」が外国企業にはいいのはわかるが、
  日本側には受け入れていいことはあるのか?
 ・「対日M&A」が増える時代に、個人として
  どう備えたらいいのか?

本書では、こうした「対日M&A」に関する疑問に
丁寧に答え、外資の「日本買い」が、
日本に希望を与えるものであることを解説します。

巻末には、「外国企業で活躍したいあなたへ」と
題したコラムも掲載されています。

履歴書の書き方から、インタビューの対応方法、
入社後の注意点もアドバイスされています。

この本から何を活かすか?

「M&Aは売り手が優位である」といわれる理由

本書では、コラムの中で、この2つの理由が
解説されていました。

1つ目は、M&Aは常に売り手市場であること。

これはM&Aの対象会社が1社であるのに対し、
買い手が複数社いるのが一般的だからです。

2つ目は、相乗効果の実現形態が売り手と
買い手で異なることです。

売り手は売却時点で、株式を現金に換え、
価値を顕在化できます。

一方、買い手側は、相乗効果を未実現の
「収益期待」でしか受け取れないため、
買い手より売り手の方が優位なのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会計・ファイナンス・企業分析 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2883-7f94bd7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT