活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

満月の法則

満足度★★★
付箋数:20

YSメンタルヘルス株式会社の青木さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

本書は、いわゆる自己啓発本です。

紹介されているのは、佐藤康行さんが
これまで15万人のカウンセリングで
実践してきた「満月の法則」。

この法則を知って実践すると、次のような
効果があると言います。

 ・将来の不安がなくなる
 ・仕事や職場の人間関係がうまくいく
 ・夫婦間、親子間の問題が解決し、
  家庭円満になる
 ・心身の病がなくなる
 ・重くのしかかっていた過去の記憶が書き換わる
 ・人生そのものが劇的に好転していく

このような効果がある「満月の法則」とは、
一体、どのような人生論なのでしょうか?

それは、単純明快で、宇宙に存在する
たった1つの法則だと佐藤さんは説明します。

私たちが、夜の空を見たときに目にする三日月。

しかし、実際には三日月という月が、
宙に浮かんでいるわけではありません。

月が勝手に形を変えているわけではなく、
実際の形は、いついかなるときも球体、
本当の姿は「まんまる」です。

それが私たちの目に三日月に見えるのは、
太陽の光の反射具合によるもの。

たまたま太陽の光が当たった部分だけを見て、
三日月、半月、満月と言っているのです。

これは私たちの目からそう見えているだけの
「認識の世界」の話です。

私たちの目がどのように認識しようとも、
実際の月はいつもまんまる。

これと同じことが人間に対しても言えるのが
「満月の法則」です。

今、うまくいかないことや、つらい状況を
抱えていても、それは三日月を見て、
何かが欠けているように見えているだけ。

本当の自分は月同様、もともとは、
まんまるで、欠けているところのない、
完璧な存在として生まれてきているのです。

そのことに気づくと、これまでの悩みが
消えてなくなると言います。

これまで多くの人生論や自己啓発本などで
語られていた成功法則は、「あなたは不完全
である」という観点からスタートしていました。

これに対して、「満月の法則」は、
人間は誰もが、完全・完璧なまんまるの存在
と考えることかスタートします。

人間は、生まれながらにして100点満点。

だから無理に点数を上げる必要はないと
考えるだけで、すっと肩の力が抜け、
楽に生きることができるのです。

あと、本書で興味深かったのは、
「GIVE&TAKE」ではなく「GIVE=TAKE」
という考え。

「自分のため」だけではダメ。
「他人のため」だけでもダメ。

目指すべきは、自分も喜び、同時に相手も喜ぶ、
「GIVE=TAKE」という状態です。

一見素晴らしいように見える「GIVE&GIVE」は、
それが会社ならば、利益がついてこず、
倒産してしまうかもしれません。

他人のためだけに何かをしようとしても、
限界があり、心の奥底では見返りを
求めていることもあって、そういった本音は
見抜かれてしまうのです。

本書のような、自己啓発本は完全に信じて
実践するのも1つですが、自分に都合のいい
部分だけを採り入れるのも1つの付き合い方。

個人的には、自分の抱えているストレスの
度合いによって、頼り方を変えていけば
いいと思っています。

この本から何を活かすか?

その人ならではの美点を見つける
エクササイズ、「美点発見ノート」が
本書で紹介されていました。

どんな人にも美点があります。

例えば、あなたが奥さんに(ダンナさんに)
口やかましく小言を言われたたときにこそ、
相手の美点をノートにどんどん書き込みます。

 「自分が寝坊しないのは、妻のおかげ」
 「ボタンが取れると、すぐつけてくれる」
 「いつも弁当を作ってくれる」
 「子どもの面倒を見てくれる」
 「世界の男性の中で、自分を選んでくれた」

このエクササイズで美点をどんどん
挙げていくと、短所ですら長所になります。

相手が「満月」であることに気づいて、
感謝の気持ちを伝えると、相手もあなたが
「満月」であることに気づくようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2878-f8be5b4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT