活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

アマゾンと物流大戦争

満足度★★★
付箋数:25

アマゾンとは、どんな企業なのか?

品揃えが多い「ネット通販企業」と考えて、
アマゾンを日常的に使っている方も
多いのではないでしょうか。

私もそんなアマゾンユーザーの1人です。

「ネット通販企業」と考えると、アマゾンの
日本でのライバルは、楽天と考えるのが
一般的な見方です。

しかし、アマゾンと楽天のビジネスには、
根本的な違いがあります。

それは、物流センターを自社で持つかどうか。

「なんだ、単に倉庫を自前で持っていて、
仕分と出荷をやっているだけじゃないか」
と思うかもしれません。

しかし、「ロジスティクス」はあらゆる
ビジネスに関わる重要なインフラです。

ロジスティクスに力を入れる企業は勝ち残り、
ロジスティクスを重視しない企業は消えていく。

ロジスティクスを制する企業がビジネスを
制すると言っても過言ではありません。

本書の著者、角井亮一さんは、アマゾンの
本質は「ロジスティクス・カンパニー」
だと語ります。

そして、これまで自社のビジネスと
アマゾンは無関係だと思っていた企業も、
アマゾンのロジスティクスに大きな影響を
受ける可能性があると角井さんは指摘します。

  「本書を執筆した最大の目的は、多くの
  ビジネスパーソンにとって関係のない存在だと
  看過されてしまいがちなアマゾンが、
  実は強力な磁力を持ってあらゆるビジネスを
  変え、また誰にとっても無視できない存在に
  なりつつあることを明らかにすることです。
  特に日本では、アマゾンが変える世界とは
  無縁ではいられません。」

なぜ、ロジスティクスがそこまで重要なのか?

それは、効率的に張り巡らされた
ロジスティクス網はビジネスに欠かせない
「プラットホーム」になるからです。

圧倒的な1つのプラットホームができると、
そこを通さずには、ビジネスができません。

そして、アマゾンがロジスティクスにおける
たった1つのプラットホームになる可能性が
あるのです。

それは、なぜか?

1つ目の理由は、ロジスティクスの参入障壁が
非常に高いことにあります。

洗練されたロジスティクスは、一朝一夕に
できるものではなく、外から見て簡単に真似
できるものでもありません。

一度強固なロジスティクス網を張り巡らせると
それに対抗できるロジスティクスを作るには
相当な時間がかかるのです。

2つ目の理由は、アマゾンがロジスティクスに
圧倒的な投資を続けていること。

アマゾンの売上は右肩上入りを続け、
2015年には12兆円を超えています。

それに対して、営業利益はほとんど伸びず、
2500億円ほどの水準に抑えられています。

それは、アマゾンがすべての利益を
新たな物流センターの建設などに
投資しているからです。

  「アマゾンは高度なロジスティクスを
  用いて低コスト化を実現し、その利益の
  ほとんどを自社のネットワークを築く
  ための投資に回し、また顧客の代弁者
  としてさらなる低価格で商品提供の
  ための原資として使います。
  それによって来客数が増え、売上高が
  増えれば増えるほど物流は効率化し、
  低コスト化していく。
  アマゾンはさらに低価格で商品の
  提供を始め、扱う商品の種類を増やし、
  また来客数が増え・・・。
  その繰り返しこそが、彼らにとっての
  良循環であり、最大の武器です。」

本書は、アマゾンの強さをロジスティクスの
切り口から見た、非常に興味深い本でした。

この本から何を活かすか?

本書で、アマゾンのロジスティクスに
勝負を挑む企業の1つとして挙げられて
いたのがヨドバシカメラです。

私も、頻度としてはそれほど多くありませんが、
ネットで何か買う時の選択肢の中に、
ヨドバシ・ドット・コムが入っています。

それは、最短6時間以内で配送される
「エクスプレスメール便」が無料で
利用できるからです。

朝注文して夕方に商品が届くことは、
北海道に住む私にとっては衝撃的でした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2874-4e757669

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT