活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

プロ・トレーダー

満足度★★★
付箋数:21

  「ティム・ブールキンとニコラス・マンゴーは、
  選りすぐりの成功者を含めて実にさまざまな
  トレーダーたちに取材し、彼らのマーケットでの
  経験にもとづく実話を収録した。
  そのため本書は、マーケットに携わる者に
  とって興味の尽きないアイディアにあふれる
  一冊となった。トレーディングに応用できる
  アイディアが1つでも発見できれば、
  あなたにとって本書の価値は計り知れない
  ものになるだろう。なかには相矛盾する
  ような記述も散見されるが、トレーディングの
  世界には唯一絶対の方法が存在しないのだから、
  それも当然だろう。トレーディングの方法は
  一人ひとり違う。トレーダーはそれぞれに
  独自の方法を探さなければならないのだ。」

これは、本書に寄せられた序文の言葉です。

序文を書いたのは、ジョン・ボリンジャーさん。

有名なトレンド系のテクニカル指標、
ボリンジャーバンドの考案者です。

ボリンジャーバンドのユーザーの中には、
考案者のボリンジャーさんが考えていなかった
使い方をしている方もいるようです。

しかも、そういった独自の使い方のほうが
機能する場合もあります。

だからこそ、本書のような体験記を読む
価値があるとボリンジャーさんは説明します。

本書はマーケットで実績を上げる、
凄腕トレーダーたちへのインタビュー集です。

タイトルには「プロ・トレーダー」と
ありますが、専業トレーダーだけでなく、
兼業トレーダーも登場します。

著者は、トレーダーの一大イベントである
「Traders Expo」を1999年に立ち上げた、
ティム・ブールキンさんと、フリーライターの
ニコラス・マンゴーさんです。

ブールキンさんは、過去15年以上にわたり
多くのトレーダーたちにインタビューを行い、
勝つための秘訣を探ってきました。

本書はその中でも、厳選した16人の
インタビューをまとめたものです。

現在のトレードスタイルにたどり着いた
経緯から、使っているシステムやツール、
テクニカル指標、取引のルールや心構えなどを
レポートします。

実際に使っているテクニカル指標も、
シンプルなチャートから、エリオット波動、
ハーフギャップクローズ、ウィリアムズ%R、
フィボナッチなど、人によってバラバラ。

ボリンジャーさんの言うとおり、
トレードに唯一絶対の正解はないので、
自分に近いスタイルの方を参考にするのが、
本書の適切な使い方です。

個人的に注目したのは、リンダ・ラシュキさん
へのインタビューです。

ラシュキさんは、『新マーケットの魔術師
にも登場するトレーダーです。

ラシュキさんのトレード方法を公開した
魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』も
過去に読んだことがあります。

ラシュキさんは、サポートとレジスタンスを
使った、ごく基本的なトレンドフォロー型の
トレードスタイルです。

扱っているのは、株価指数先物が中心。

ただし、流動性とボラティリティさえあれば、
どんなマーケットでもトレードできると
言います。

大切なのは、「ゴール」ではなく「ルール」。

パーフェクトなエントリーやエクジットを
目指さず、「タイムリー」なエクジットが
マーケットで生き残るコツと語ります。

  「ピークだと思ってエクジットした後に、
  さらに10日続けて相場が上昇して
  みじめな思いをすることになっても、
  悔しがったりしないことです。
  自分なりに常に前進することが
  トレーディングの成功に結びつくのです。
  毎回パーフェクトなトレードを
  追い求めても仕方ありません。」

本書は、トレードの参考になる本であることは
間違いありません。

ただし、ジャック・D シュワッガーさんの定番、
マーケットの魔術師』シリーズと比べると、
若干の物足りなさがありました。

この本から何を活かすか?

本書の最終章には、プロ・トレーダーに学ぶ
「成功するための20の習慣」がまとめられて
います。

しかし、個人的にはボリンジャーさんが序文に
書いた「成功するための8つの心得」の方が
シックリきました。

 1. 身のほどを知ること。
 2. テクニカル分析の歴史を勉強すること。
 3. 数学の基礎を学ぶこと。
 4. 簡単なプログラム言語を学ぶこと。
 5. 規律を重んじること。
 6. ポジションの大きさに細心の注意を払うこと。
 7. レバレッジと友だちにならないこと。
 8. 楽しむこと。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| トレード | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2867-e5ee2c29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT