活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

自分の都合を押しつける人

満足度★★★
付箋数:20

あなたの上司には、次のような特徴が
見られませんか?

 ・自分の果たした役割や重要性を過大評価
  している。成功した場合は、部下の貢献を
  過小評価する。

 ・難しい問題が起こったとか、失敗した場合は、
  自分の責任を決して認めない。責任をすべて
  部下に押し付けようとする。

 ・部下がちょっとでも自分の意見に異を唱え
  たり、自分の方針とは違う提案をしたり
  すると、すぐに気を悪くしてイライラする。

 ・自分は特別扱いされて当然だと、
  正当な理由もないのに思い込んでいる。

 ・学歴、資格、人脈、業績・・・とにかく
  何でもひけらかす。また、どれだけ自分が
  慕われているか、どらだけ会社幹部と
  親しいかについても延々と話す。

もし、こういった特徴が見られれば、
それは「ナルシズム上司」です。

ナルシズム上司は、とにかく自己愛が強い。

自分の優位性を常に誇示せずにはいられないし、
それを他人が認めて賞賛してくれることを
期待しています。

その期待通りの反応が周囲から返ってこないと、
不機嫌になり、自分がどれだけすごいかを
認めさせるために自慢話を繰り返します。

こういった上司に遭遇したら、どのように
対処したらよいのでしょうか?

まず、一番やってはいけないのは、
上司の意見に反対したり、批判したりすること。

自分が誰よりも賢く、誰よりもよく知っている
と勝手に思い込んでいるので、こちらの
言うことを聞くどころか、激怒する可能性が高い。

認めてもらいたくてたまらない上司の欲望を
満たすために、「すごいですね」ととりあえず
ほめていい気持ちにさせます。

その上で、どうしても言わなければならない
ことを言うのがベストです。

そして、とにかく礼儀正しく接することが大切。

相手は自分が認められているか、敬意を払われて
いるかに敏感で、常に気にしています。

機嫌を損ねないように、敬語を使い丁寧な
態度を示さなくてはなりません。

また、ナルシズム上司に「ギブアンドテイク」
を期待するのは無駄です。

向こうは「やってもらって当然」と思って
いるので、あなたがいくら頑張っても、
認めてくれることも、感謝を示してくれる
ことも、まずありません。

しかも、ナルシズム上司に頼まれた仕事を、
夜遅くまで残業したり、休日出勤してやるのは、
極力、避けた方がいいようです。

この手の上司は、すぐにそれが当たり前だと思い、
更に余分な仕事を頼んでくる可能性が高いのです。

逆に、残業や休日出勤を断らなくてはならない
場合には、こっぴどく叱られるかもしれません。

もう1つ、ナルシズム上司の前で、決してやっては
いけないのは、あなた自身の成功や人脈などを
自慢することです。

常に自分が1番でないと気がすまないので、
これをやってしまうと、あなたに嫉妬して、
さまざまな嫌がらせを始めるかもしれません。

本書の著者は、人間関係分析の第一人者で
精神科医の片田珠美さんです。

片田さんは、会社にいる厄介な上司として、
ナルシズム上司以外にも、サディズム上司、
パラノイア上司、パッシブ・アグレッシブ上司
などの特徴を挙げ、その対処法を解説します。

また、会社以外で遭遇する迷惑な隣人や
自分の欲望や自分勝手な都合を
押しつけてくる人への対処法を示します。

この本から何を活かすか?

厄介な相手からの、こちらが受ける被害を
できるだけ少なくして、今後の関係をプラスに
するには、どうすればいいのでしょうか?

本書で片田さんが示す、対処法は次の5つです。

  1. すぐには言い返さない
  2. 具体的な説明を求める
  3. 向こうの言い分を確認して、
   こちらの言い分も伝える
  4. 相手の敵意や悪意をなくすのは無理と
   割り切る
  5. 接触や関係をしばらく断つ

いずれにせよ、本書で相手の心理を見極め、
冷静に対処することが求められます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2853-f7df6fcb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT