活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

光と電磁気 ファラデーとマクスウェルが考えたこと

満足度★★★★
付箋数:25

特殊相対性理論を提唱した20世紀の天才物理学者、
アルベルト・アインシュタインさん。

1955年4月、アメリカの科学史家、
I・B・コーエンさんはプリンストンにある
アインシュタインさんの自宅を訪れ、
科学思想や歴史上の物理学者について
語り合いました。

これが、アインシュタインさんが受けた
最後のインタビューです。

その2週間後にアインシュタインさんは
亡くなりました。

天才の自宅はこじんまりとした木造の家で、
インタビューは大きな窓から外の緑が望める
書斎で行われました。

二方の壁は書棚になっていて、床から天井まで
びっしりと本が並んでいました。

そして、もう一方の壁には、2人の偉大な
物理学者の写真が飾られていました。

その2人のとは、電磁気学を創設した、
マイケル・ファラデーさんと、
ジェームズ・マクスウェルさんでした。

この2人が電磁気学を創ったからこそ、
アインシュタインさんが特殊相対性理論を
提唱することができたのです。

物理学は、実験と理論が相互作用することで
発展した学問です。

とりわけ、その典型的な分野が電磁気学。

電磁気学は、19世紀に稀代の一人の実験家と
稀代の一人の理論家の連携プレーを中心に
体系化されました。

実験家とは、真理を嗅ぎつける天賦の才を
持ったマイケル・ファラデーさん。

理論家とは、数学の練達の士として知られた
ジェームズ・マクスウェルさんです。

ファラデーさんは、実験により直流電流を
流した電気伝導体の周囲の磁場を研究し、
電磁場の基礎理論を確立しました。

マクスウェルさんは、ファラデーさんの
電磁場理論をもとに、マクスウェルの方程式を
導いて古典電磁気学を確立しました。

実は、この2人、実験家と理論家として対象的な
役割を担っただけでなく、出自や生い立ち、
学歴などを見ても、ことごとく対照的な
人生を送っています。

ファラデーさんは、貧しい鍛冶職人の家に生まれ、
満足な学校教育を受けることなく、
13歳でロンドンの製本屋に奉公に出ています。

この製本屋で読んだ本で独学し、実験を行って
いましたが、幸運な偶然から、王立研究所の
ハンフリー・デービーさんに見出され、
科学者としての道を歩むことになります。

ファラデーさんは、数学を習得する機会に
恵まれませんでしたが、それを天性の
実験センスで補い、数々の偉業を成し遂げました。

これに対して、マクスウェルさんは、
スコットランドの大地主の跡取りとして
生まれた有産階級の出です。

10代前半で数学の論文をエジンバラ王立協会で
発表し、ケンブリッジ大学では数学の
優等生試験で名を馳せた天才でした。

1871年には熱力学第二法則に疑問を投げかけ、
「マクスウェルの悪魔」と呼ばれる有名な
思考実験を提唱しました。

本書では、育った環境も、科学へのアプローチも
対照的な2人の科学者を主人公に据えて、
電磁気学が完成される過程をたどります。

著者は、早稲田大学社会科学総合学術院教授の
小山慶太さん。

小山さんは多くのポピュラー・サイエンスの
本を執筆しているだけあって、非常に構成や
文章が上手いです。

冒頭の夏目漱石さんの登場から、最終章の
ゼーマン効果の発見まで、一気に読ませます。

数式はほとんど登場せず、電磁気学の素養が
全くない人でも、どんどん引き込まれていく
ストーリーになっています。

知的好奇心を刺激し、読んで「面白い」と
思える素晴らしい本です。

この本から何を活かすか?

個人的には学生時代に読んだファラデーさんの
ロウソクの科学』の背景が詳細に書かれて
いたことが嬉しかった。

ロウソクの科学とは、ファラデーさんが1860年に
クリスマス講演として英国王立研究所で行った
内容を収録した本です。

この本をきっかけに理系に進んだり、科学者の
道を歩み出した方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、クリスマス講演は現在もBBC放送を
通じて受け継がれています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2849-7d39015d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT