活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

別世界旅行──地球を遊び尽くす旅へ

満足度★★★★
付箋数:18

日本経済新聞出版社の堀内さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

最初に断っておくと、残念ながらこの記事では、
本書の魅力を、十分に伝えられません。

なぜなら、本書は写真が非常に美しい
A5判サイズのオールカラー本だからです。

  「一生忘れない旅、別世界旅行に出かけよう。

  ただ訪れることを目的にしないで、
  旅先で “何をしたい” か、 “何を食べたい” か、
   “どんな宿に泊まりたい” か・・・・。
  そんなところまでこだわった生涯の記憶に
  残る旅を、本書では22章にわたって紹介します。
  あえて量より質にこだわり、またできるだけ
  日常から離れた別世界の旅の素晴らしさを
  感じていただきたいという思いから、
  この本をつくりました。」

本書は、あなたの探究心を満たしてくれる
究極の旅行ガイドブックです。

テーマは、大自然に囲まれ、大人の冒険心を
満たし、人生観が変わる旅。

 ・短い夏の北極で、野生のシロクマと出会う
 ・最高のサファリ体験
 ・オーロラの下で見る夢
 ・ゾウとの出会い
 ・優雅に、南の極みの世界へ
 ・砂漠で優雅なピクニックを
 ・ベトナムの秘島で最高の島風を浴びる

厳選された「別世界」が体験できる旅先が
紹介されています。

また、本書は最近多く見かける「絶景本」とは、
一線を画しています。

素晴らしい写真が並べられている点では、
同じように見えますが、旅のストーリーが語られ
細部の情報もしっかり掲載さています。

どこに泊まって、どんな過ごし方をするのか。

本書では、実際に行った気になれるように、
旅先での行動を順番にトレースして、
ミニ旅行記のように紹介されています。

普通の絶景本が絶景スポットを「点」で紹介
しているのに対し、本書は「線」でつなぎ、
記憶に残る1つの物語にしています。

宿泊先、食事、アクティビティ、過ごし方、
旅行予算、交通手段、予約方法、スケジュール例、
周辺情報などもコンパクトに紹介。

例えば、北極までの8泊10日の旅程は、
次のように示されています。

 1日目 成田発~コペンハーゲン乗継
    オスロへ 【ラディソンブルー泊】
    オスロ発ロングイェールビエンへ
    着後 ホテルへ
 2日目 オーシャンエンデュラー号乗船
    出航 【オーシャンエンデュラー泊】
 3~8日目 終日 スヴァルバード諸島クルーズ
     【オーシャンエンデュラー泊】
 9日目 オーシャンエンデュラー号下船
     ロングイェールビエン発オスロ乗継
     コペンハーゲンへ
     着後 コペンハーゲン発成田へ【機中泊】
 10日目 成田着

また、予算は1人あたり18万円(4泊6日)から
180万円(6泊10日)までの、かなり広い
レンジです。

中心は50万円~100万円ですが、
思った以上に20万~30万円前後の予算で
行ける別世界があることがわかりました。

この本に限っては、Kindle版ではなく、
紙の本で良かったと思います。

電子書籍媒体では、この本を美しい本を
手元に置いておきたいという所有欲が
満たされないからです。

それにしても、22もの別世界を堪能できる
オールカラーの本が1500円+税とは、
ちょっと安過ぎるように感じました。

この本から何を活かすか?

本書で紹介される別世界で、最も低予算で
行けるのが「バリ島」。

通常の旅行でもバリは人気の高い島ですが、
本書では、美しいビーチに近いバトラー付きの
ヴィラを借り、アクティビティの富んだ
過ごし方を提案します。

これに対し最も予算がかかるのは南極大陸。

南極も今や人気の旅行先ですが、
本書では世界一の荒海ドレーク海峡を
2時間のフライトで越える、優雅で快適な
極地旅行として紹介しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2822-b45bb0d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT