活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力

満足度★★★
付箋数:25

昨日の記事で紹介した『最強の働き方』の中で
ムーギー・キムさんは次のように言っていました。

  「当然のことながらマッキンゼーの
  コンサルタントもピンキリで、すべてを
  ひっくるめて “マッキンゼー流だからありがたく
  学べ!” というのは大間違いである。(中略)
  マッキンゼー出身者の中にも、さっさと
  パートナー(経営陣)まで上り詰めた人も
  いれば、1年も経たずに辞めていく人もいる。
  コンサルの高みまで見た人と、コンサルの
  入り口しか見ていない人では、
  コンサルタントとしての仕事術や
  文化に対する理解も大きく異る。」

キムさんからは、マッキンゼー本信奉に、
クギを刺されたばかりですが、懲りずに本日は
マッキンゼー本を紹介します。

私は、マッキンゼー本の信奉者ではありませんが、
ダメと言われると、そうしたくなるのが人の常。

本日紹介する本の著者、山梨広一さんは、
マッキンゼー在籍25年間中、20年間パートナーを
務めた方ですから、当然、コンサルの高みまで
見た方ということになります。

山梨さんは、努力には「いい努力」と
「そうでない努力」があると言います。

「いい努力」と「そうでない努力」の違いは、
かけた時間ではなく、その「質」の部分にあります。

本書は、この違いを徹底的に洗い出して、
努力の質を上げて、すべて「いい努力」に
転換することを目指します。

本書の冒頭で挙げられている、「いい努力」
としてのポイントは7つあります。

 1. 「成果」につながるもの
 2. 「目的」が明確なもの
 3. 「時間軸」を的確に意識しているもの
 4. 「生産性」が高いもの
 5. 「充実感」を伴うもの
 6. 「成功パターン」が得られるもの
 7. 「成長」を伴うもの

この中で、注意しなければならないのは、
4番目の「生産性」について。

「いい努力=効率性」と考えるのは大きな誤解で、
効率主義一辺倒に走ると、逆に「いい努力」から
遠ざかってしまいます。

何でも過去の経験から解決策のパターンに
当てはめて、サクサクと処理してしまうのではなく、
「考える時間」をつくることが重要です。

  「大きな成果を手にするには豊かな思考力、
  発想力が求められるが、効率主義に走ると
  その部分が痩せてしまう。」

ただし、考えることは非常に大切ですが、
ひたすら考え続けているだけでは、
「いい努力」になりません。

生産性が高い思考になるためには、
「目的」と「境界条件」と「課題」の3つを
押さえておかなければなりません。

そして、最終的な生産性を高めるには、
「フロントローディング」することが大切。

フロントローディングとは、前のほうに負荷を
かけるという意味です。

「情報共有を最初にする」、「大きな方向性を
最初に検討する」、「面倒なことを最初にやる」、
「心理的に負担がかかることを最初にやる」、
「初期段階で人を巻き込む」など。

本書では、「いい努力」をするための、
心理的・物理的なセットアップの仕方から、
思考法、時間管理法、行動法、チーム力の生かし方、
リーダーシップ、会議術までを75の項目として
まとめています。

山梨さんが経験した、実際のエピソードを
例にしながら、最大限の成果を上げる方法を
解説しています。

本書には、独特の用語や表現が出てきますが、
それはマッキンゼー用語として理解しましょう。

この本から何を活かすか?

  「仮説を検証するには、頭で考えているだけ
  でなく、明確に言語化してみるといい。
  イメージは曖昧なままにしておけるが、
  文章にするとなるとごまかしがきかなくなる。
  自分の仮説が何であるか、より明確に、
  具体的に定めるよう、自分にチャレンジする
  ことになる。言語化は紙に書くことだけではない。
  簡単なのは、人に話してみることだ。」

洞察から、ユニークな仮説を組み立て、
その仮説を「書いて、話して強化」することが
勧められています。

このときに、書くことと、話すことの、
それぞれの利点を認識しておく必要があります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2815-5a3888c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT