活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす ビッグデータの残酷な現実

満足度★★★★
付箋数:29

ダイヤモンド社の木山さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたには、どんな性的嗜好がありますか?

もし、こんな質問を面と向かってぶつけても、
人には「羞恥心」がありますから、
なかなか本音を引き出すことはできません。

匿名性の高いインターネットのアンケートでも、
「自分はこうあるべき」という思い込みがあり、
意外と事実と異なる回答が寄せられるもの。

ならば、どうしたら人が語るのをためらう
本当の好みを聞けるのか?

それは、「デジタルのパンくず」を拾うこと。

  「デジタルの世界で、私たちは驚くほど多くの
   “パンくず” を落としながら歩いている。」

例えば、デジタルカメラで撮影されたすべての
画像にはExif情報と呼ばれる、撮影日時や
撮影場所の緯度・経度の情報が残されています。

この情報によって何がわかるのか?

ウェブ上に公開されている自己紹介写真は、
写りがいいほど賞味期限が切れている
確率が高いことがわかります。

厳選された「奇跡の1枚」を使い続けている人が
多いからです。

さて、本書は「デジタルのパンくず」を拾って、
人が語ることのない本音を暴く本です。

原題は「Dataclysm: Who We Are
(When We Think No One’s Looking)
」。

直訳すると「データ洪水:誰からも見られて
いない時、私たちはいったい何者なのか?」
といった意味でしょうか。

著者のクリスチャン・ラダーさんは、
世界最大級の出会い系サイト
「Okキューピッド」の共同創業者にして、
データアナリストです。

本書では、同社の実際のデータを使い、
普通に質問しては得られない、
秘めた願望、恋愛、性的嗜好、容姿、偏見など、
男女の本音や人間の本性をあぶり出します。

ちなみに、日本で「出合い系」というと
怪しいイメージがありますが、欧米では
それほど特別視されておらず、多くの人が、
恋愛の機会の1つとして利用しているようです。

本書ではOkキューピッドのデータから、
「魅力的だと思う異性の年齢」を示します。

これは、ビッグデータが語りかける
男女の普遍的な好みの傾向。

データを分析すると、女性は年齢が上がると、
魅力的だと思う男性の年齢も上がりました。

例えば、20歳の女性は23歳の男性を好み、
50歳の女性は46歳の男性を好みます。

ただし、これはきれいに比例直線を描く
わけではなく、男性の性的な魅力はおよそ
「40歳」で限界を向かえるます。

一方、男性の場合は年齢が上がっても、
好みの女性の年齢は一緒に上がりません。

20歳の男性は20歳の女性を好みますが、
男性は50歳になっても、やはり20歳の女性を
好むのです。

  「女性の若さを重視する傾向は、裏を返せば、
  男性の好みが成長しないという意味でもある。
  50歳の男性の理想は、男子大学生とほぼ同じ。
  大学生のほうが年齢という変数に柔軟でさえ
  ある。」

本書では、私たちがなんとなくそう思って
いたことをデータで肯定してくれることもあれば、
私たちの常識を覆すこともあります。

いずれにしても、人間の真の姿に迫る
非常に興味深いデータ分析が示されています。

米国の主要な新聞・雑誌で、
「ビッグデータの必読の1冊」と紹介されて
いるのも納得できます。

また、欧米の本にありがちな、個人の具体的な
エピソードを中心に語るスタイルではないので、
私たち日本人も読みやすい本です。

専門的になり過ぎず、語り口も軽快。
好奇心を刺激される、買って損のない1冊です。

この本から何を活かすか?

Okキューピッドでは、
「プロフィール写真を1日だけ載せいない」
という実験を行いました。

この実験は、私たちの思い込みを覆す、
「希望が持てる」結果を示しました。

  「お互いの外見は、実際のデートを
  楽しんだかどうかにはほとんど影響
  しないのだ。
  2人の外見にどれだけ差があっても
  (1人が美形で、もう1人が不器量という
  場合でさえ)デートに肯定的な評価を
  つける人の割合は変わらない。
  外見の魅力は関係なかったのだ。」

これは、会うまでは相手を外見で選別するが、
実際に会ってしまうと、外見はデートの
満足度に影響しないということです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 数学 | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2809-f4c65458

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT