活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ミライの授業

満足度★★★★
付箋数:26

小学高学年から大学生までの子どもがいる
家庭では、本書を1冊買って、
リビングに置いておきましょう。

ただし、決して「この本を読みなさい」と
強要してはいけません。

手が届くところに何も言わずに置いておいて、
子どもが興味を持って読み始めるのを
辛抱強く待つこと。

本書を手に取ってページを開いてみると、
すぐに続きを読みたくなるはずです。

しかも、あれだけ口酸っぱく「勉強しなさい」
と言い続けても、全然勉強しなかった子どもが、
本書を読んだ後は、自然と机に向かうように
なるかもしれません。

私もこんな本を14歳のときに読みたかった。

いやいや、未来をつくるのは、
この歳になってもまだ間に合う。

本書は、そんな気持ちにさせる本です。

  「未来を予測する最善の方法は、
  自らそれを創りだすことである」

これは本書の冒頭でも紹介されていた、
計算機科学者、アラン・ケイさんの言葉。

  「みなさんはじめまして。瀧本哲史です。
  ぼくはふだん、京都大学で日本の将来を担う
  大学生たちに、新しい時代を生き抜くための
  考えについて講義しています。
  今日の講義は、その14歳バージョン。
  語り口はやさしくても、中身は超本格派です。
  大学生はもちろんのこと、大人たちでさえ
  知らないような “未来をつくる5つの法則” 
  をお話ししていきます。
  きっと大人たちは、みなさんのことを
  うらやましく思うでしょう。人生を変え、
  世界を変えるようなトップシークレットに、
  その若さで触れられるのですから。」

本書は2015年に瀧本哲史さんが、
全国の中学校を飛び回って講義した内容を
まとめた本です。

瀧本さんは、超難関校として知られる灘中学校や、
原発事故で避難生活を余儀なくされている
福島県飯舘村飯舘中学校などを訪れました。

それらの中学校で行われたのは、
未来に生きる14歳の中学生に贈る特別講義です。

まず、瀧本さんは、学校では何のために
勉強しているのかを語ります。

  「いい高校、いい大学へ進むため?
  それにいい会社に就職するため?
  ・・・・そんなつまらないことのために
  勉強するなんて、あまりに寂しい話ですよね。
  正解はもっと別のところにあります。

  みなさんが学んでいるものの正体、
  それは “魔法” です。
  ハリー・ポッターと同じ “魔法” を
  学んでいるのです。」

なぜ、瀧本さんが、「魔法」なんて、
突飛に思える話から始めたかについては、
是非、本書をお読みください。

そして、未来をつくるために、過去を知る。

この講義では、かつて世界を変えてきた
人たちのことを学び、「未来をつくる法則」を
導き出します。

登場するのは、ニュートン、コペルニクス、
ナイチンゲール、ビル・ゲイツ、大村智、
ココ・シャネル、伊能忠敬など(以上敬称略)
19名の偉人たち。

彼らは、どんなふうに育ち、どんなことを考え、
どんなことに疑問を抱いたのか。

そして、どんな壁にぶつかり、
どうやって壁を突破したのか。

未来を変えた先人たちの歴史を学ぶことで、
自分でも未来をつくりだすことができると
わかるはずです。

そのメッセージは、もう未来はないと思って
あきらめかけていた、わたしたち大人にも
しっかりと届きます。

この本から何を活かすか?

私が本書で最も興味を持ったのは、
わずか22歳にして、日本の歴史を大きく変えた
女性の話です。

その女性とは、オーストリアのウィーン生まれの
ベアテ・シロタ・ゴードンさん。

彼女は、一体、日本の何を変えたのでしょうか?

  「彼女は、日本に “男女平等” という概念を
  もち込み、定着させた女性です。
  男尊女卑で女性が虐げられていた日本社会を、
  たった一行のルールでひっくり返した女性です。」

シロタさんは、憲法や法律の専門家ではない
6か国語に堪能な通訳の民間人女性でした。

そんな彼女は、わずか9日間で、
日本国憲法の草案をつくることになります。

そして、彼女が訴え続けた女性の権利は、
現在の日本国憲法第24条として残っています。

1946年当時、男女平等が憲法に明記されたことは、
世界的に見てもかなり異例のことだったようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2792-918a3fc0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT