活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

リストのチカラ

2008年06月17日
ノウハウ本 4
リストのチカラ [仕事と人生のレベルを劇的に上げる技術]
リストのチカラ [仕事と人生のレベルを劇的に上げる技術]
(2008/02/27)
堀内 浩二 商品詳細を見る

満足度★★★

本書の言うリストとは、「~の5か条」とか「~の7つのステップ」
といった箇条書きの形でまとめられた智恵やコツです。

リストは、“チェック系リスト”と“心得系リスト”に
大別されますが、本書ではその両方を扱います。

前半は、著者・堀内浩二さんお気に入りの「珠玉リスト集」として、
50本ものリストが紹介され、見開きで右ページにリストと引用元、
左ページにその解説が書かれています。

このパートは、一気に読んでそれっきりにしてしまうと、
有難みがないので、サーッと目を通しておいて、
必要な場面で、適切なリストを参照して使うのが良いでしょう。

後半は、リストの使い方と作り方の説明です。

「集めて、束ねて、固める」を基本として、
細かな修辞方法や、リストを作った際のチェックリストなどが
紹介されていますから、これを読むと、自分でもリストを
作ってみようという気になりますね。

ちなみに、私が本書のリストで、オッと思ったのが、
「しかる5則」(話し方研究所会長 福田健さん)です。

  1. 詫びる気持ちでしかる
  2. 受入れ姿勢を作る
  3. 「明るく」「短く」しかる
  4. 何をしかるか事前に明確に
  5. よく聞いてからしかる

最初の、「詫びる気持ちでしかる」には、
堀内さんもハッとしたと書いてあり、
しかるに至った原因の一部は自分にあるからとの、
解説があります。

また、堀内さんのサイト*ListFreak(リストフリーク)」は、
様々なリストを保存・共有する目的で運営されているようです。
興味のある方は、覗いてみてください。

この本から何を活かすか?

ということで、私もリストを作ってみようと思い、
「私ならではのリストは何か?」を考え、
“セミリタイア”のためのリスト作りに挑戦してみました。

まだ、あまり煮詰めておらず、作成途中ですが、ご覧ください。

【セミリタイアするための5つの心得 : マインド編】

  1. セミリタイア=億万長者という思い込みを捨てる
  2. 自分に価値あるものを見定め、セミリタイアのレベルを決める
  3. セミリタイアすることが重要ではなく、
    セミリタイアできる環境を整えることが大切と知る
  4. 共に時間を過ごす人がいることを確認する
  5. 宣言する

【セミリタイアするための5つの心得 : 実践編】

  1. 支出を一度“断食”し、無駄使いを洗い出す
  2. 3年間は「雪だるまの芯」を作ることに専念する
  3. タイミングをじっと待ち、研究を怠らない
  4. 不労所得の「仕組み化」にフォーカスする
  5. リスクをコントロールする術を身につける

今度、もう少し時間をとって、本書のチェックリストに従い、
きちんと練ってみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント4件

コメントはまだありません

ドクエメット

おはようございます!

すごいすごい!ikadokuさんのリスト。
永久保存版ですね。
僕も近い将来(?)活用させていただきます。
もし練り直した「改訂版」を作られたら、ぜひぜひアップしてくださいませ!

実践編の「2」の「雪だるまの芯」というのは、「食っていける最低限の収入」ってことですか?

2008年06月18日 (水) 07:47

ikadoku

ドクエメットさん

この言葉は、本多静六さんの教えから拝借したものです。

「食っていける最低限の収入」という意味ではありません。

流れとしては、
1.種銭をつくる→2.資産を増やす→3.不労所得を増やす
ということになりますが、「雪だるまの芯」とは、
1.から2.へ至るための「種銭」を意味します。

2008年06月18日 (水) 09:47

kenn

リストは強力なツールになりますね。
ぼくの場合、まずリストにまとめる力を
つけるところから始める必要があるんですが。

2008年06月21日 (土) 16:56

ikadoku

kennさん

なにかにつけ、リストでまとめることを、
日々の習慣として身につけると、よさそうですね。

使うのもそうですが、作るとなると、
チェック系リストより、心得系リストの方が
かなり難しそうです。

2008年06月23日 (月) 10:45