活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

47原則―――世界で一番仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか?

満足度★★★
付箋数:24

ダイヤモンド社の柴田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

日本人の(元)経営コンサルタントとして、
世界中で最も有名なのは大前研一さんでしょう。

大前さんは、もともと原子炉の設計者でしたが、
1972年にマッキンゼー・アンド・カンパニーの
経営コンサルタントに転身しました。

大前さんが、まったく異なる分野に飛び込んでみると、
毎日のコンサルティング業務の中で、新しい体験や
気づいたことなどが沢山あったと言います。

大前さんは、生来メモ魔だったため、
そういった気づきをせっせと大学ノートに
メモしていきました。

その書き溜めたメモを書籍化して、ベストセラーに
なったのが大前さんの処女作『企業参謀』です。

今でも読み継がれる、戦略的思考のバイブルです。

同じようにマッキンゼーで働く中でのメモを
まとめて出版された本があります。

それが米国で出版された本書の原書となる
The McKinsey Edge』です。

本書は著者の服部周作さん本人による邦訳本。

服部さんは、大前さんと同じように、
マッキンゼーでの仕事において、
会議の要点や、基調講演で聞いたフレーズ、
思いついたアイディアを徹底的にメモしました。

そして、ただ書き留めるだけではなく、
覚えやすいように工夫した図表をつけて
自分の「ルールブック」としてまとめていました。

  「本書は、このルールブックに書き留めた
  私自身が実践して成果が上がったと実感した
  仕事の進め方や、尊敬する社内外のリーダーが
  さりげなくしている効果的な手法を聞き出して、
   “47原則” としてまとめたものです。」

大前さんの『企業参謀』は、戦略的思考フレームを
中心として書かれていましたが、本書は「原則」
という名前の通り、もう少し抽象化した
仕事全般に使えるルールとしてまとめられています。

もちろん抽象化された「原則」を挙げた後に、
それを補足する具体的なエピソードを挙げ
わかりやすく解説しています。

本書は世界でも最も優秀な人たちが集まる
マッキンゼー実践されている行動原則。

第1章では「先手を打つ」、「平常心を保つ」、
「目標を多面的に捉える」の3つのテーマに絞り、
自己改善のシンプルなポイントを解説。

第2章では、「コミュニケーション」、「共感」、
「思いやり」の3つのテーマで、自分のチームや
その他の利害関係者に影響力を行使する方法を
取り上げています。

第3章では、生産性をテーマに、仕事のプロセスを
構造化して、補完する便利なツール、
高い生産性を実現するための具体的手法を紹介。

第4章では、持続的な成長を実現するために
「新たな人生に対する心構えを持つこと」、
「リーダーに必要な資質を認識すること」など
キャリア全体で大切なことをまとめています。

最後の第5章では、すべての原則にまたがる
「リーダーを際立たせる卓越した思考力」を
取り上げ、自問することで自分の思考の世界を
豊かにする方法を案内しています。

個人的には、「すべての問に30秒以内で答える」
原則の中で紹介されていた、多くの情報を
手短に伝える3つのルールをすぐに使いたいと
思いました。

 ルール1. 「再クリック」理論を理解する
 ルール2. 主たる質問を分解する習慣を身につける
 ルール3. 自分の回答に常にダーツのように考える

「再クリック」理論とは、WEB記事などで、
興味をそそる短いサマリーで読者を惹きつけ、
もっと詳しい情報を知りたくなったところで、
「続きを読む」を再クリックさせる手法です。

すべての情報を伝えようとず、あくまで相手が
興味を持つトピックとしてまとめることが
手短に伝えるための1つのコツです。

この本から何を活かすか?

本書は直接仕事に関係しないような原則も
紹介されています。

  「毎週、面白い人たちと食事に行く」

その中で服部さんは、相手に聞いてみると
面白い質問を3つ挙げています。

 ・仕事で楽しいこと、やりがいを感じることは?
 ・どんな展望を持っていますか?
  どうやって、そこに至りましたか?
 ・最近あった新しいことや面白いことは?
  また興味を惹かれたことは何ですか?

確かに相手も答えたくなるような質問で、
聞いた側も参考になる答えが引き出せそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2779-ec311fcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT