活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

数学者たちの楽園

2016年07月13日
数学 0
満足度★★★
付箋数:23

  著者:サイモン・シンさん、訳者:青木薫さん

過去にお二人の著作を読んだ方なら、
このクレジットを見ただけで、
きっとワクワクすることでしょう。

私もそれだけで、思わず本書を手に取って
しまいました。

それぐらい『フェルマーの最終定理』は、
傑作でした。

さて、本書はアメリカの長寿アニメシリーズ
『ザ・シンプソンズ(The Simpsons)』を
テーマにした作品です。

『ザ・シンプソンズ』は、いわゆるシットコム
と呼ばれるジャンルのアニメで、米テレビ史上、
最長寿かつ最も成功している作品です。

60か国以上で20か国語に翻訳され、全世界で
毎週6000万人以上が視聴しています。

ギネスブックでは、「有名人がもっとも多く
登場するアニメシリーズ」として認定され、
これまでマイケル・ジャクソンさんをはじめ、
ポール・マッカトニーさん、ミック・ジャガーさん
など大物アーティストも声優として出演しました。

日本で言うと、国民的アニメ『サザエさん』の
ようなこの作品ですが、『ザ・シンプソンズ』には、
ある秘密が隠されていました。

その隠されていた秘密とは「数学」。

  「実は、『ザ・シンプソンズ』の脚本家チームには、
  数を深く愛する者が何人もいて、彼らの究極の
  望みは、視聴者の無意識下の頭脳に、数学という
  ごちそうをポトリポトリと滴らせることなのだ。
  つまり、かれこれ20年以上ものあいだ、
  わらわれはそうと知らぬまに、微積分から幾何学
  まで、πからゲーム理論まで、さらには無限小から
  無限大まで、実にさまざまなトピックについての
  入門番組を、アニメという形でまんまと
  見せられてきたのである。」

『ザ・シンプソンズ』の脚本家チームには、
ハーバード大の数学科卒や物理学科卒といった
数学的バックグラウンドを持った人たちが
何人もいて、アニメの中に数学ネタをこっそりと
盛り込んでいるというのです。

この話を聞いて、地団駄を踏んだのが、
他ならぬ、訳者の青木さんでした。

  「サイモン・シンの本書をはじめて読んだとき、
  わたしは “そうだったのか!”と 膝を打ちました。
  なるほどこのアニメには、数学好きな人たちの
  ハートをつかむだけの魅力があったという
  わけです。しかし、納得すると同時に、
  わたしはちょっと悔しい気持ちもなりました。
  自分はその秘密の宝に、まったく気づいて
  いなかったのですから。ナード・ギーク系を
  自認する身としては、実になさけないでは
  ありませんか!」

そうして青木さんは、『ザ・シンプソンズ』と
同じ脚本家が作成たアニメ『フューチュラマ』の
DVDボックスを買いに走ったのです。

本書では数学オタクの脚本家たちが、
『ザ・シンプソンズ』のこれまでのエピソードに
こっそりと忍び込ませていたネタを解説します。

ある回では主人公のホーマー・シンプソンは、
黒板にいくつかの数式と図を書いています。

 3987の12乗+4365の12乗=4472の12乗

  「一見したところ、とくに問題があるようには
  思えない。しかし数学史を多少とも知っていれば、
  これは途方もない式だとわかるだろう。
  あまりのことに、手元の計算尺をボッキリ折って
  しまうかもしれない。なんとホーマーは、
  難問の誉れ高いフェルマーの最終定理に
  解を見つけるという、ありえない偉業を
  成し遂げたらしいのだ!」

このように、本書は数学好きなナードには、
たまらない作品です。

英語の発音を元にした数学ジョークも
けっこうあるので、英語がわかっていると、
更に本書を楽しめます。

この本から何を活かすか?

青木さんは、『ザ・シンプソンズ』よりも、
『フューチュラマ』にハマったそうです。

こちらは、31世紀の地球を舞台にしたSFアニメ。

  「『フューチュラマ』の第1話が放送されたのは、
  1999年3月28日のことだった。この新しいSF
  シリーズには、科学がたっぷりと盛り込まれる
  ことになるだろうと誰もが予想していたものの、
  まもなく理系通な視聴者は、ナード・ネタの
  圧倒的な量とその質の高さに驚かされることに
  なった。」

私は、青木さんのようにDVDボックスを
買いに走ることはありませんが、この作品を
ネット上の動画で見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません