活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

圧倒的な勝ち組になる効率のいい考え方と仕事の仕方

満足度★★
付箋数:17

  「 “これくらいは学校で習いませんでしたか?”
  天明麻衣子、と聞くと、テレビのクイズ番組での
  高飛車な発言の数々を思い出す方もいるでしょう。

  東大卒、元NHK仙台放送局キャスター、
  元外資系投資銀行アナリスト・・・・。

   “肩書がいちいち綺麗すぎて、エリートっぽくて
  生意気な奴” なんてネットで叩かれることも
  ありました。

  では、私は本当に、世間の人が考える
  いわゆるエリートなのでしょうか?」

東大卒の方でも、全員が大企業に勤めたり、
キャリア官僚になるわけではありません。

実際に、いろいろなキャリアを歩む方がいます。

東大、NHK、JPモルガン、フリーアナウンサー、
学力女王というキャリアを積んだ天明麻衣子さん。

ご自身では、エリートの王道から外れていると
認識しているようです。

考えた結果、現在のキャリアを選んだと
いうよりは、結果として異色のキャリアに
仕上がったのかもしれません。

  「 “新卒至上主義” の日本で “ふつうの新卒社員”
  として生きることを拒否した私が人生をサバイバル
  するためには、他の誰とも違うオリジナルの
  キャリアを築くしかなかったのです。」

しかし、クイズ番組『Qさま!!』に初出演した際は、
あえて嫌われキャラになることに徹して、
一気に売れっ子の仲間入りを果たしたように
思えます。

本書を読む限り、番組での高飛車な発言や表情は、
共演者や世間をイラつかせて話題作りをするための、
演出のように思えます。

それぐらい、本書の内容はいたってノーマルで、
『Qさま!!』で見せた強烈キャラの片鱗は
見られません。

タイトルには、強気な「圧倒的な勝ち組」と
つけていますが、それは中身とのギャップを
見せるためです。

  「この本を読んで、 “なんだ、大げさなタイトル
  の割に誰にでもできそうなことばかりじゃないか”
  と思ったあなた ― それです!
  その声を聞きたくて、私はこの本を書きました。」

天明さんが本書で書きたかったことは、
状況に合わせて対応する「フレキシブル」さと、
最も力を注ぐべきものを見極める「ドライ」さを
兼ね備えること。

本書には、これまでの天明さんの人生と、
今後のキャリアについて、フレキシブル&ドライ
の観点でまとめられています。

  第1章 圧倒的に効率のいい人生の送り方
  第2章 圧倒的に効率のいい目標の見つけ方
  第3章 圧倒的に効率のいい戦略の立て方
  第4章 圧倒的に効率のいい実践の仕方
  第5章 圧倒的に効率のいい将来の見据え方

個人的に興味深かったのは、自分の目標とする
人物を「子供向けの漫画偉人伝から探す」
というアドバイスです。

漫画を読んで、この人がいいなと思ったら、
そこで終わらせるのではなく、
なぜいいと思うのか、どういうところに
憧れるのかを、しっかりと分析します。

そうすることで、初めてその人に近づくために
何をすればいいのかが見えてくるようです。

ちなみに、天明さんが憧れているのは、
「光明皇后」です。

  「私が光明皇后から学んだことは、逆境でも
  毅然とした姿を失わず、どんなときも感謝と
  優しさをもって周りに接していれば、
  少しずつ味方は増えていく。そして自分が
  人に助けてもらったら、それきりにせず、
  他の助けが必要な人に恩返しをしていくという
  ことです。」

昔の偉人の行動を、自分の置かれる状況や
現代の環境に当てはめるところで、
想像力を働かせます。

この本から何を活かすか?

効率のいい家事の仕方

 <フレキシブル>
 家族が気にする家事は優先するが、
 それ以外は妥協する

 <ドライ>
 家事は他人の眼に触れること、
 健康に影響することにポイントを絞る

これは、家事に使うエネルギーを最低限に
抑え、その分仕事や勉強に全力投球するための
天明さん流のやり方です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2772-811bacf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT