活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

一流は知っている! ネガティブ思考力

満足度★★★
付箋数:23

 「ポジティブ思考で、すべてがうまくいく」
 「成功することだけを考えよ」
 「ポジティブなイメージが成功に導く」

世間では、ポジティブに考えることを
手放しで礼賛する風潮があります。

しかし実際には、ポジティブなのに
残念な人たちがいます。

  ・ポジティブなのに仕事ができない
 ・似たようなミスを繰り返す
 ・きめ細かな準備や対応ができない
 ・夢を見て転職を繰り返す
 ・薄っぺらいのに自信満々

ポジティブ思考には、良い面がありますが、
それだけでは弊害が出る場合もあるのです。

  「世の中で成功している人はポジティブな
  心理的傾向を身につけている。
  だから、ポジティブ思考を身につけて、
  ネガティブな思いは捨ててしまおう。
  そんなポジティブ信仰が猛威を振るっている。
  だが、実際の世の中で成功している人たちは、
  けっしてネガティブな心理傾向をもたない
  わけではない。」

本書は、タイトルに「ネガティブ思考力」と
ありますが、ネガティブ思考の良さだけを
強調する本ではありません。

ネガティブ思考のメリットを見直して、
ポジティブ思考とネガティブ思考をバランス良く
持つための本です。

著者は心理学者でMP人間科学研究所代表の
榎本博明さん。

ポジティブ思考とネガティブ思考の
メリット・デメリットは、榎本さんの私見や経験で
語られているのではなく、心理学の学術的な
研究をベースに解説されています。

例えば、非現実的楽観主義と防衛的悲観主義。

非現実的楽観主義とは、これまで実績がないのに、
将来のパフォーマンスに対して、ポジティブな
期待をもつ心理傾向を指します。

防衛的悲観主義とは、これまで実績があるにも
かかわらず、将来のパフォーマンスに対しては
ネガティブな期待をもつ心理傾向です。

実は、多くの研究では、非現実的楽観主義より、
防衛的悲観主義の方が成績が良くなることが
証明されています。

非現実的楽観主義者は、不安がないから、
軽率な行動が目立ち、準備不足で失敗します。

失敗しても、反省がないので、行動が修正されず、
同じ失敗を繰り返す傾向にあります。

一方、防衛的悲観主義者は、最悪の事態を
想像して、あらゆる角度から悲観的に想像して、
失敗を恐れ、用意周到に準備します。

不安が強く、先の展開をあれこれ考えることが、
高いパフォーマンスにつながっているのです。

ちなみに、ネガティブな心理には、
次のようなポジティブなパワーがあることが、
心理学の実験や研究でわかっています。

  ・ネガティブ気分は記憶をよくする
  ・ネガティブ気分は対人認知の正確さをもたらす
  ・ネガティブ気分はモチベーションを高める
  ・ネガティブ気分は対人関係を良くする
  ・ネガティブ気分は説得力を高める

ポジティブ思考とネガティブ思考は
一方だけに偏るのではなく、バランスが大事です。

  「最近ではポジティブ信仰が行き渡りすぎている
  感があるが、このままいくと、日本人の持ち前で
  ある仕事の信頼性が失われていく可能性がある。
  ゆえに、アメリカから入ってきたポジティブ思考
  の勧めをむやみに信仰することなく、自分たち
  日本人に合ったやり方でポジティブ思考の
  良い面を取り入れつつ、ネガティブ思考の
  良い面を活かしていけばよい。」

この本から何を活かすか?

私が意外だったのは、ネガティブな気分は
モチベーションを高め、逆にポジティブな気分は、
モチベーションが下げるということでした。

あるダイエットの実験では、自分の痩せた姿を
ポジティブに想像した人は、ネガティブな自分を
思い描いた想像を人より、実際に減った体重が
少なかったそうです。

ダイエットに成功した自分の姿にうっとりして、
減量のために行動する気力が湧かなかったと
結論づけられています。

これに対して、ネガティブな気分のときは、
切羽詰まった感じがあり、何とか少しでも
マシな状態にしようとして、
モチベーションが高まるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 07:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2768-ea9b9f3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT