活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ヤバすぎる経済学

満足度★★★
付箋数:22

  「10年ぐらい前、『ヤバい経済学』って本を
  出そうとしていた頃の話だ。ついでにウェブサイト
  も立ち上げることにした。ウェブサイトの名前は、
  なんのヒネリもなく、 “ヤバい経済学ドットコム” 
  にした。このサイトがそのうちブログの役目を
  果たすことになる。」

経済学者のスティーヴン・D・レヴィットさんと
ジャーナリストのスティーヴン・J・ダブナーさん
の大ベストセラー『ヤバい経済学』が世に出たのは、
私がこのブログを始める少し前のことでした。

早いもので、あれから10年も経ったんですね。

さて、本書はレヴィットさんとダブナーさんの
コンビによるシリーズ第4弾。

原題は『When to Rob a Bank: ...And 131 More
Warped Suggestions and Well-Intended Rants


日本語にすると、「銀行を襲うならいつがいい?
その他斜め上からの提案と悪気のない暴言131個」

翻訳は、もちろん今回も望月衛さんです。

今回は、お2人が書いている「ブログ記事」を
書籍化した本です。

  「ときどき、ブログを本にしたらどうだろうと
  言ってくれる読者の人がいた。とんでもなく
  頭の悪いアイディアだって思った ―
  で、つい最近のある日、あれ、そうでも
  ないんじゃって思った。(中略)
  で、ポーランド・スプリングだのエヴィアンだの
  みたいな単なる水を商売にしようって
  古式ゆかしき伝統を見習って、ぼくらもタダで
  手に入る材料をボトルに詰めて、あなたから
  お金をふんだくることにしたってわけです。」

元がブログ記事なので、共著というより、
レヴィットさんとダブナーさんそれぞれが書いた
記事をテーマ別に並べて構成しています。

原題タイトルの「銀行を襲うならいつがいい?」
はダブナーさんの記事。

ニュージャージー州で、6回も銀行に押し入った
男が、いつも木曜日に実行していたという
ニュースをネタに書かれたもの。

ダブナーさんは、なぜ男がいつも木曜日に
銀行強盗を決行したかを、想像したうえで、
木曜日が統計的に成功率が高いかどうかを
調べました。

FBIのデータからわかったのは、1年間での曜日別
銀行強盗の発生数。

ダントツに多いのは金曜で1042件、次に火曜で
922件、続いて木曜885件、月曜858件、水曜842件。

しかし、曜日によって成功率に違いが出る証拠は
見つけられませんでした。

ただし、時間帯では差があったようです。

  「銀行に押し込むなら午後より午前のほうがずっと
  たくさん稼げる(5180ドル対3705ドル)なのに、
  銀行が襲われるのは圧倒的に午後だ(ああいう
  人たちって、朝寝が好きなんじゃないか?
  というか、朝、早起きして仕事に出るような人なら、
  銀行を襲ったりしなくてもってこと?)。
  全体としてみると、アメリカの銀行強盗は、
  成功した場合、平均で1回あたり4120ドルを稼いで
  いる。でも、ぼくが思っていたほど成功率は
  高くなかった。100回に35回は捕まっている!
  だから、6回目の木曜日までたどり着いた
  ニュージャージーの彼は、ぬきんでていたと
  言える。」

本書は、1つのテーマについて、あまり深堀り
してはいませんが、経済学テイストを少しだけ
交えた気軽に読める本に仕上がっています。

じっくり読むというよりは、スキマ時間に
ちょっとずつ読むには丁度いい、へそ曲がりの
コラムといった感じでしょうか。

この本から何を活かすか?

イチローさんのヒット世界記録達成に対して、
懐疑的な見方を示していたピート・ローズさん。

彼は経済学の基本がわかっていたようです。

ローズさんは、「野球で賭博してごめんなさい」
とボールにサインして友だちに配ったそうです。

そのうち、このサインボールをもらった誰かが、
30個をオークションに出しました。

このサインボールは話題を呼び、何千ドルもの
値が付きそうだと予想されました。

これを聞いてローズさん本人は、何をしたのか?

彼は経済学の、とても似たモノが手に入るモノなら
値段はあまり高くならないという基本的な理論を
使いました。

ローズさんは、同じ銘をボールに書いて
自分のサイトで299ドルで売り出したのです。

そうしてオークションにかかるボールの
相場を崩しました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2765-87552cfa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT