活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

戦力「内」通告

満足度★★★
付箋数:21

フロンティア・エンタープライズの熊谷さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

  「キャリアにおける途方もない成功を収めた
  人に会うと、私はこう尋ねることにしている。
   “才能、野心、勤勉さ以外で、あなたの成功の
  秘訣はなんですか?”
  あなたも本書の中に数えきれないほどの
   “極意” を見つけることになるだろう。」

本書は、リストラ先進国のアメリカで人気の
キャリアコーチ、ダン・ラストさんが
「最強の会社員」になるための戦略を伝える本です。

ラストさんは、これまで30年以上に渡り、
職場をリストラされた人と職場で成功した人の
違いを見てきました。

その結果、当人の才能、野心、勤勉さは、
リストラされるかどうか、成功するかどうかに
関係ないことがわかりました。

成否を分けたのは、「考え方・戦略・洞察力」です。

  「本書で紹介するさまざまなスキル、戦略、洞察力
  があれば、あなたも才能、野心、勤勉さの限界を
  超えてキャリアを加速させられるようになる。」

本書で示される、職場で生き残る戦略は9つ。

それぞれの戦略について、各章で実例を挙げて
解説されています。

 第1章 職場で行われている「ゲーム下のゲーム」
  ― 観察するものは救われる
 第2章 地雷原で踊る
  ― 職場のイバラの道、社内政治
 第3章 パンチを食らう
  ― 防御か反撃か、それとも・・・
 第4章 キャリアの炎を燃やす
  ― 感情・肉体・野心・メンタルのエネルギー
 第5章 ネバネバのチョウとツルツルのサイ
  ― ハートは熱く。面の皮は厚く
 第6章 職場のショウを楽しむ
  ― あなたはあなたが取り扱う「商品」である
 第7章 ツイてる人の秘密
  ― 好感度を最大限にあげるべし
 第8章 ブッダ、スポック、パットン、シャーロック
  ― 自分の内に四人の賢人を住まわせる
 第9章 ゴム猫のごとく
  ― 逆境や挫折からすばやく立ち直る

一見すると、日本人には馴染みのない比喩も
登場しますが、それは表現だけで、
日本の職場でも当てはまることばかりです。

例えば、ラストさんが「ゲーム下のゲーム」と
呼ぶものも、その1つです。

そもそも職場で働くことは、ゲームをプレイする
ようなもの。

キャリアで成功している人たちは、このゲームを
うまくプレイしているのです。

実は、職場では自分がプレイしているゲームの下で、
まったく別のゲームが繰り広げられています。

それは人間関係という「ゲーム下のゲーム」です。

この「ゲーム下のゲーム」をうまくプレイするには、
じっくりと人を「観察」しなければなりません。

そして、人の振る舞いを観察するには、
他者に対する自分自身の感情的反応や批判を自覚し、
それらを捨てるよう努力する必要があるのです。

また、私が個人的に興味を持ったのは、
「ホワイトボード」についての言及です。

  「伝えるべき重要な洞察があるなら、
  ホワイトボードを使え。」

事前に準備したパワーポイントで説明するより、、
その場でホワイトボードに書き込む方が、
次のような効果が得られます。

  ・集中してもらえる
  ・信憑性がある
  ・記憶される

会議でホワイトボードを使うだけでなく、
プレゼンでもホワイトボードを使うのは、
勇気がいりますが、面白そうな試みだと思います。

この本から何を活かすか?

本書はハーパーコリンズ・ジャパンから
刊行されています。

ハーパーコリンズは辞書で有名な会社で、
日本では、「ハーパーBOOKS」や
「ハーレクイン・シリーズ」などの翻訳本を
リリースしています。

ビジネス書・実用単行本は2016年4月から
出版されるようになった新ラインナップです。

本書は4月30日に刊行された『超チーム力』に
続くシリーズ第2弾。

今後のリリースにも注目したいところです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2764-e3c8b7a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT