活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

とことん調べる人だけが夢を実現できる

2016年05月23日
ノウハウ本 0
満足度★★★
付箋数:22

サンクチュアリ出版の大川さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

  「夢を実現できる人と、実現できない人の
  違いって、なんだろう?
  才能? 努力? お金? 人脈? センス? 運?
  どれも大事だ。

  でも、一番大事なのは、“情報”だ。

   “情報” こそが、夢を実現できるかどうかを
  左右するカギになる。
  夢へと続く道は、まっすぐな一本道では
  ないからだ。(中略)

  くり返す。 “情報” は大事だ。

  大事だからこそ、まずは “調べる習慣” を
  つけてほしい。
  自分の夢をかたちにする方法がわからないとき、
   “情報がない” とあきらめるんじゃなくて、
  まずは “調べる” 。

   “調べる習慣” がある人とない人では、
  人生でどれだけ差がつくか。
  そのために必要な “具体的な調べ方” とは
  どんなものか。
  それらの答えは、すべてこの本の中にある。」

本書は夢を実現する自己啓発書でありながら、
同時に情報収集術を示すノウハウ本でもある
非常にユニークな本です。

著者は、『AKB48の言葉が教えてくれること』や
ワンピースの言葉が教えてくれること』などが
評判を呼んだ、ビジネスコンサルタントの
方喰正彰さんです。

方喰さんは、夢を実現するための、
正しい調べる習慣を「PASCサイクル」と呼んでいます。

 P : Planで自分の実現したいイメージを描く
 A : Analyseで夢を実現するための情報を洗い出す
 S : Searchで必要な情報を調べる
 C : Checkで集めた情報が十分か、または間違って
  いないかを吟味する

このサイクルを回せば回すほど、
夢は早く実現できる。

では、情報はいつ調べたらいいのでしょうか?

  「夢を実現できる人に共通するのは、
  知りたい情報や気になる情報があった場合に、
   “すぐに調べる” ということだ。
  なぜすぐに調べるのか?
  なんのひねりもない答えだが、
   “その情報が重要だから” だ。」

必要だと思ったときに、すぐに調べるのが鉄則。

それでは、情報収集には、いったいどのくらい
時間をかければいいのでしょうか?

  「これもシンプルな話で、 “必要な情報が
  見つかるまで” だ。探している情報によっては、
  時間がかかることもあるだろう。
  それは、情報を得るために必要な
   “コスト” として、受け入れなければならない。」

ここで大切なのが、「とことん」調べること。

とことん、ウェブで情報を集め、
とことん、本・雑誌・新聞・テレビで調べ、
とことん、人に情報を聞く。

時間がかかってもあきらめずに、とことん調べる。

その熱意があってこそ、貴重な情報も見つかり、
まわりの人も動かすことができるのです。

そして、本書では理想を語るだけでなく、
情報を集める具体的な「技」が、
数多く紹介されています。

  ・プロ向けの「質問サイト」でアドバイスを受ける
  ・シンクタンクのサイトでお宝データを掘り当てる
  ・専門性の高い「◯◯白書」を使いこなす
  ・話しが途切れたときは自分から仮説をぶつける
  ・「聞き終わった直後」が本当の情報収集タイム

ただし、これらのノウハウで集められた情報は、
あくまで使い倒すためのもの。

情報は行動に移すことで、夢の実現を可能にします。

この本から何を活かすか?

本書では、「レビュー(口コミ)」を参考にする際の
注意点が紹介されていました。

  1. 客観的、感情的でないレビューを参考にする
  2. 書いている人の過去のレビューをチェックする

私も他の人のブックレビューを読むきは、
その人の過去のレビューもチェックして、
自分に参考なるかどうかを確認します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません