活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

パラダイス山元の飛行機のある暮らし

満足度★★★
付箋数:21

飛行機に乗る際に受ける手荷物検査と身体検査。

ハイジャック防止が目的で行われていますが、
毎回受けるのも、なかなか煩わしいものです。

この検査、実は搭乗者負担の「有料」で、
行われていることはご存知でしたか?

「旅客保安サービス施設使用料」という名目で、
成田空港の場合、大人も小人も同額で、
1回あたり520円を支払っているそうです。

つまり、あのゲートを通過するだけで、
520円取られているというわけです。

この旅客保安サービス施設使用料について、
本書の著者、パラダイス山元さんは、
次のように書いています。

    「せめて、ポケットにライターを入れていて
    ピンポンと鳴ったり、カバンの中にハサミとか
    入れていて “中を拝見してもよろしいでしょうか”
    と言われた客からだけにしてほしいと、
    切に思います。ゲートを通過する際ピンポンが
    鳴り響き、お立ち台の上に立たされ、
    手を横に伸ばし、女性の保安警備員から、
    全身マッサージをされているかのような客が
    うらやましく思えることさえあります。」

本書は、2013年に刊行されて大好評だった
パラダイス山元の飛行機の乗り方』に続く
シリーズ第二弾。

何がシリーズかというと、
「すべて飛行機の中だけで執筆する」
ことをルールとしたシリーズです。

    「仕方ない状況の中、地上で生活していると、
    締め切りを大幅に過ぎる事態となり、
    今度は、この本を書くという目的を持って、
    元日、羽田からパリ行きに搭乗しました。
    本来なら、 “目的地へ訪れるという目的”
    などは決して定めず、飛行機で暮らすが
    ごとく、ただ純粋に搭乗することそのものが
    楽しみでしたのに、最初から執筆目的の
    搭乗とわかっているのは、少々ツライものが
    あります。」

実際に羽田からパリ行きの飛行機の中では、
数ページしか執筆できなかったようですが、
パラダイスさんにとっては、それはそれで、
飛行機に乗ることができればOKなのです。

パラダイスさんは、毎年ダイヤモンドメンバー
資格を維持しているミリオンマイラーです。

年間の搭乗回数は、なんと1000回以上。

平均して、毎日3回乗っている計算ですから、
パラダイスさんって、何をしている人なの?
と疑問が生まれてくるのは当然です。

私も真っ先に、プロフィールを確認しました。

    肩書は、ハイパーミリオンマイラー。
    本業は、マンボミュージシャン。
    所属は、株式会社よしもとクリエイティブ
    ・エージェンシー。
    役職は、グリーンランド国際サンタクロース
    協会 日本代表。
    前職は、富士重工業株式会社 技術本部
    デザインセンター。
    特技は、保安検査場で身体検査されずに
    通過すること。
    信条は、貯めたマイルは裏切らない。
    日課は、マイルをコツコツ貯めること。
    趣味は、献血

これが、本書に書かれているパラダイスさんの
プロフィールです。

餃子王、マン盆栽家元、入浴剤ソムリエという
肩書などもあり、結局、何をしている方かは、
よくわかりません。

何をしている人と、明確に定義すること自体が、
パラダイスさんにとっては無意味なのかも
しれませんね。

本書は、そんなパラダイスさんの
飛行機にまつわる脱力系のエッセイです。

この本から何を活かすか?

私は本書をちょっと前から目をつけていましたが、
どうせ読むなら、飛行機に乗った時に読もうと
決めていました。

地上で読まれるよりも、機内で読まれた方が、
きっと、パラダイスさんも嬉しいはず。

そんな訳で、今回、搭乗する機会があったので、
やっと本書を読むことができました。

正直、爆笑というわけではありませんが、
やはり機内で読むと、ニヤリとする所や、
さすがミリオンマイラーと思う箇所が
多かったですね。

私の場合は、読むのは機内でしたが、
この記事を書いているのは、都内のホテルです。

ブログ程度の短い文章とはいえ、
搭乗中に記事を書くことはできませんでした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 04:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2724-73ff03b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT