活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

あれか、これか

満足度★★★★
付箋数:28

ダイヤモンド社の藤田さんから献本いただきましたが、
この本を書店で見つけ、少しでもページを開いたなら、
私は間違いなく買っていたと思います。

ありがとうございます。

  「僕たちの人生は、選択の連続だ。
   “選ぶことが人生だ” と言ってもいい。(中略)
  選択とは価値判断だ。僕たちはいつも
   “最も価値がある≒最も得をする” と思ったものを
  選んでいるはずだ(少なくとも理論的には…)。
  今日のあなたは、昨日までのあなたが下した
  価値判断の結果にほかならない。
  だとすれば、悔いのない人生を送るために、
  僕たちにできることはたった1つ ― 。
   “値打ち” を正しく見抜くことだ。
  本書で僕がお伝えしたいのは、本当の価値を見抜き、
  正しい選択をするために人類が生み出した
  究極の実学・ファイナンス理論の考え方である。」

本書は、あまり専門的になり過ぎずに、
人生の役立つ部分を題材として扱った
ファイナンスの入門書です。

著者は企業価値評価のスペシャリストの
野口真人さん。

これまで2500件以上の企業評価を行い、
グロービス経営大学院で10年以上にわたり
ファイナンス基礎講座を教えている方です。

本書ではクイズ形式で問題を出題しながら、
最強の実践的学問であるファイナンスを学びます。

では、本書の中から1問。

あなたは亡き父の財産を相続することになりました。

相続人はあなたと妹の2人だけで、
相続財産は預金2000万円と2つの不動産。

1つは築20年の中古マンションで、
もう1つは新築のマンションです。

どちらも1室のみの所有で、中古、新築とも
月25万円の家賃収入があります。

ここで妹が次のような提案をしてきました。

  「実はちょっとお金に困ってて・・・。
  不動産については中古マンションのほうで
  いいから、現金2000万円は全額、
  アタシに相続させてくれない?」

あなたが、そんな不公平なことがあるかと、
口を開きかけたところ、こんな話をしてきました。

  「考えてもみてよ。たしかにどちらも月25万円の
  家賃だから、年間のキャッシュフローは
  300万円(=25万円×12ヶ月)よ。
  でも、新築のマンションの耐用年数は50年以上と
  言われているから、中古のマンションより
  20年は多く稼げるでしょ? ってことは、
  新しいマンションのほうが6000万円
  (=300万円×20年)は価値が高いってこと。
  アタシだって本当は新築マンションのほうがいいわ。
  でも、とにかくいまはお金が必要なの。
  だから、中古マンションで我慢する分、
  2000万円はアタシに相続させてよ」

シンプルにするために相続税は考慮しません。

さて、兄妹の情は別にして、損得で考えた場合、
あなたは妹の申し出に乗るべきでしょうか?

実は、この妹が使った理屈は、
ファイナンス初心者をダマす典型的な手口です。

あなたは、妹のペテンを見破れますか?

ここで一番大切なのは、将来の300万円と
現在の300万円は価値が違うということです。

例えば、預金金利は6%だった場合、
複利計算をすると現在の300万円は10年後、
537万円(=300万×1.06の10乗)になります。

逆に考えると、10年後の300万円は、
現在ではもっと低い価値のはずです。

300万÷1.06の10乗で計算してみると、
現在の168万円が10年後の300万円と
同じ価値ということになります。

このように将来受け取る予定のお金は、
現在ではどの程度の価値を持つかを割り引いて
(割引現在価値)比べなければなりません。

つまり、妹の話には、10年後でも50年後でも
年間の家賃収入300万円を現在の300万円として
計算しているところにペテンがあるのです。

本当は、将来のキャッシュフローを現在価値に
引き直してから全て足さなければ、
比べることができないのです(DCF法)。

ちなみに金利6%でDCF法を使って正味現在価値を
計算すると、新築マンションは4729万円、
中古マンションは4129万円となり、
その差はわずか600万円程度に過ぎません。

この本から何を活かすか?

「オプション取引」とは、あらかじめ決められた
期間や期限に、ある資産を一定の価格で取引する
「権利」の取引です。

こう説明されると難しく聞こえますが、
実は世の中は「オプション取引」に満ちています。

これも本書からの問題です。

次のうち、オプション取引でないものは
いくつありますか?

 1. 超人気のレストランのフルコースを
  1年後の記念日に予約した
 2. 1等3億円の当たる年末ジャンボ宝くじを購入
 3. 家族の将来に備え、生命保険に加入した
 4. 1ヶ月後に仕立て上がるスーツを代金後払いで
  注文した

本書は買って損のない本ですから、
是非、正解は、本書を手にとってお確かめください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会計・ファイナンス・企業分析 | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2711-544107e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT