活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

完全なる投資家の頭の中

満足度★★★
付箋数:23

  「そもそも基本的な智慧とは何なのでしょうか。
  その最初のルールは、バラバラな部分を集めて
  総和としても、全体として機能することはない
  ということです。それらの事実を理論の縄として
  あざなうことができなければ、使えるものに
  ならないのです。」

これは、1994年にUSCビジネススクールで
語った、チャーリー・マンガーさんの言葉です。

ところで、チャーリー・マンガーさんとは誰か?

意外と知られていないかもしれません。

知られていないのは、日本で1番高い山は
富士山だと知っていても、2番目は北岳である
ことがあまり知られていないのと同じ理由です。

世界一の投資家が、ウォーレン・バフェットさん
なら、2番目はきっとマンガーさんです。

もしかすると、同率で1位と言っていいかも
しれません。

マンガーさんは、バフェットさん率いる投資会社
バークシャー・ハサウェイの副会長にして、
バフェットさんの無二のパートナーです。

実はマンガーさん、バークシャー以外で行っている
投資でも素晴らしい成果を上げています。

バフェットさんと同じく、ネブラスカ州オマハで
生まれ育ち、ミシガン大学で数学を学びました。

その後、ハーバード法科大学院で法律を学び、
仲間とともに法律事務所を設立。

バフェットさんの要請を受けて、フルタイムの
投資家となりますが、それまで法律家としても
成功していて、彼の立ち上げた事務所は、
現在ではアメリカ有数の法律事務所になっています。

投資家になってからのマンガーさんは、
バークシャーの屋台骨を支え、バフェットさんとは
違い視点を持った、辛口のパートナーとして、
知られるようになりました。

ちなみにマンガーさんは、バフェットさんより
6歳年上の御年92歳です(2016年現在)。

  「マンガーはこれまで数多くの講演を行い、
  エッセーを書き、ウェスコ・ファイナンシャルや
  バークシャー・ハサウェイの株主総会では、
  たくさんの株主を楽しませてきたが、彼の考えが
  いわゆる統一理論の下で紹介されたことはまだない。
  理由はおそらく彼の頭が普通の人の知性を
  はるかに上回っているからだろう。頭のなかで
  いくつかの思考を同時に行うこと(彼はこれを
   “多重モデル” と呼んでいる」は、それぞれの
  思考に理解可能な枠組みを持っていなければ
  できないため、普通の人にとっては簡単なこと
  ではない。そこで、本書はチャーリー・マンガーの
  ような思考ができるような方法を紹介して
  いこうと思う。」

本書はトレン・グリフィンさんが執筆した
原題『Charlie Munger: The Complete Investor
の邦訳本。

マンガーさんの半生を紹介した本としては
投資参謀マンガー』がありますが、
本書は金融市場の投資行動をシステムとして
とらえ、それをマンガーさんのメンタルモデル
として解説します。

マンガーさんは、厳選した言葉で核心を突く
ことでも知られていて、長年にわたって
様々な場面で発言したり、多くの文章を
残してきました。

本書はそんなマンガーさんの名言集でもあり、
マンガーさんの考えを体系的にまとめています。

マンガーさんの投資方法は、バフェットさんも
師と仰ぐベンジャミン・グレアムさんの
バリュー投資システムから派生した手法です。

本書はマンガーさんの投資方法を知ると同時に、
その思考の深さを知ることができです。

この本から何を活かすか?

マンガーさんの投資ではチェックリストを
使うことが知られています。

  1.リスクを測ることが第一
  2.客観的に自分の頭で考えること
  3.多く働き、不測の事態に対して備えをしておく
  4.自分が知らないと言うことを認識し、
   知的な謙虚さを常に持つ
  5.チェックリストに従って正確に分析を行う
  6.賢明な投資配分をすること
  7.忍耐強くあること、焦らず余裕を持って
   取引をする
  8.決断力を持つこと
  9.変化に備えること、柔軟性が必要である
  10.大事なことに集中し、些末なことに
   囚われない

マンガーさんは、投資以外の人生の課題に
立ち向かうときにも、チェックリストの利用を
強く勧めています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2705-0537f01a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT