活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか

満足度★★★
付箋数:23

ダイヤモンド社の上村さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

自分で稼いで、保有資産が10億ドル以上に
なった「ビリオネア」は、世界に600人しかいません。

彼らは、いかにしてビリオネアになったのか?
普通の人と、一体、何が違うのか?

世界的コンサルティングファームPwC
(プライスウォーターハウスクーパース)の
パートナー、ジョン・スヴィオクラさんは、
ある日、このような疑問を持ちました。

そこで、過去にビリオネアに関して、
どのような調査が行われたかを調べたところ、
印象的なエピソードや主観的な意見はあっても、
ビリオネアの成功を客観的に解明する、
体系的な調査が行われていないことに
気づきました。

そこで、PwCのメンバーで調査チームを結成し、
ビリオネアについて徹底的に調べた結果を
まとめたのが本書です。

最初に2012年のフォーブス世界長者番付の
リストを入手し、そこから相続や結婚などの
本人の実力以外で資産を手に入れた人を
除きました。

次に、透明性を欠いた市場で、たまたま富を
築いた人もリストから外しました。

そこに残った調査対象となるビリオネアは、
わずか600人。

そこから地域や業種に偏りが出ないように
更に120人を抽出。

PwCの調査チームは、この120人に対し、
各地に出向き、出生地、年齢、結婚歴、
家族構成、キャリアの変遷について、
綿密に検分しました。

このビリオネア調査で分かったのは、
世間で一般的に信じられている成功理論には
多くの誤解があるということでした。

ビリオネアは、若くして成功した、IT長者である、
ブルー・オーシャンを開拓した、一発当てた、
モラルが低い、天賦の才に恵まれている・・・・

こういった認識は、すべて誤りであることが
わかりました。

また、ビリオネアになった人には、
育った環境などの外的要因に
共通する条件はありませんでした。

しかし、見えてきたの内的要因。

  「どうやらビリオネアの共通点は
  外的な要因ではなく、その人の内面、
  すなわち “マインド” にあるらしい。
  多くのビリオネアに顕著なのは、普通の人が
  ばらばらに捉える物事を、ひとつにまとめる
  能力だ。矛盾する考えや行動を排除せず、
  自分のなかでうまく共存させる。
  正反対のものを抱えながら、それでも思考が
  混乱しない。ビリオネアの内面には対立を
  抱え込む器があり、異なる概念、視点、尺度
  といったものを無理なく持ち続けることが
  できるようだ。」

莫大な富を生み出す、ビリオネア・マインドとは、
「矛盾や対立を包含する」思考なのです。

本書では、ビリオネア・マインドは、
誰でも身につけることが可能であるとし、
もっとも重要な5つの特徴としてまとめています。

  1. 共感力と想像力で未来を描く
  2. 最速で動き、ゆっくりと待つ
  3. 創造的にルーティンワークをこなす
  4. 現在の金銭的損失より将来の機会損失を恐れる
  5. 自分とは正反対の人を仲間にする

本書は単なる調査結果のまとめだけでなく、
120人のビリオネアのエピソードや人となりも
紹介されていますから、読み物としても
なかなか面白いです。

日本のビリオネアは、ユニクロの柳井正さんが
登場していました。

この本から何を活かすか?

本書で個人的に非常に興味深かったのは、
ビリオネア・マインドを企業に取り込むことを
検討している点でした。

ビリオネア・マインドを持つ人を採用するために、
面接で重視するのは、次のようなポイントです。

  ・仕事をするとき、どうすればより早く
   効果的にできるかを工夫しているか?

  ・大きな失敗や挫折を経験しているか?
   そこから何をつかみとったか?

  ・業界のトレンドを理解しているか?
   それをどう活かそうと考えているか?

  ・この仕事で自分が具体的に成し遂げたい
   ことは何か?

  ・これまでにないやり方で仕事をして、
   新たな価値を生み出したことがあるか?

  ・業務時間の20%を好きに使っていいと
   言われたら、具体的に何をするか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2671-cf1f00b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT