活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

私塾のすすめ

私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))
私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))
(2008/05/08)
齋藤孝 梅田望夫 商品詳細を見る

満足度★★★

国の将来にとって、人をどう育てていくかは、
非常に重要なテーマです。

本書では、齋藤孝さんと、梅田望夫さんという
全く違う世界に住む二人が、インターネットを通じての
幕末の「私塾」的な人材育成の可能性を探る対談本です。

  ・齋藤さん → リアル、教育現場、型の指導、全員の鍛錬
  ・梅田さん → ネット、ビジネス、水先案内、少数を鍛錬

いくつか相違点を拾っても、これだけ二人の立場は違います。

本書の対談では、お互いの違いを確認しつつ、
持っている装備や、通るルートは違えども、
目指す山頂は同じであることを、互いに認め合います。

私塾の場として検討されるインターネットについては、
教育者の齋藤さんが、ネット上に住む梅田さんから、
その本質や正しい使い方を伝授され、
徐々に、その可能性に期待を高る様子がうかがえます。

また、対談ではブログについての言及も多く、
ブログが私塾の土台としての役割を果たすことを
予感させるものでした。

あとがきで、梅田さんが

  「用事がなくても会って話し合いたいとお互いに思い合う、
  親友とも言うべき間柄になるかもしれない」

と齋藤さんについて書いていますが、
是非とも、今後も対談を重ね、
新たなコラボレーション実現して欲しいものです。

この本から何を活かすか?

本書のような「対談本」は、「鼎談本」変えて読む!
(※鼎談とは三人で向かい合って話すことです)

つまり、対談に自分も割って入って、
三人で話しているかのごとく読むのが良い、
と私は思っています。

実際に、齋藤さんと梅田さんに面と向かって会話となると、
その思考のスピードについていけないかもしてませんが、
紙の上では、話しのペースはこちらで自在に調節できます。

という訳で、私は本書でも、齋藤さんと梅田さんとの鼎談を
ハンデをもらいながら、存分に楽しみました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 10:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鼎談にする

この本から何を活かすか?
の項目、勉強になります。
三人目は自分。
なるほど意識してそう読むといいですね。

| honyomi | 2008/06/04 18:41 | URL |

honyomiさん

対談本だと、会話がキャッチボールされているので、
そこに割って入るのは、意外と容易です。

ただ、こちらから投げかけた問いに対しては、
当然ですが答えてくれませんから、
そこはどう答えるか推測しながら読むことになります。

| ikadoku | 2008/06/05 11:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/267-08f2dce1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT