活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

バカしか入らない生命保険

満足度★★★
付箋数:17

  「あなたは信じないだろが、日本の生命保険業界
  ほど、 “欺瞞・錯覚・騙し・法律違反” が
  跋扈している世界は、他には見当たらない。
  自分と家族の将来を守ろうとする
  善意の国民を騙して、国民から巨大な資金を
  吸い上げている現状を見ると、今の日本で
   “漢字系生命保険会社” が存在すること自体が、
  社会悪でしかない “虚業” なのだ。」

本書は、業界の告発本的な視点で書かれた、
正しい生命保険の指南本。

著者の三田村京さんは、かつて大手の
漢字系生命保険会社に勤務し、退職後、
国際保険総合研究所を設立した方。

三田村さんが、「漢字系生命保険会社」と呼ぶ
保険会社は、かつて護送船団方式で保護されていた、
社名が漢字の生命保険会社20社。

いわゆる「日本社」と呼ばれる生命保険会社
ですが、三田村さんは漢字系生保会社に対し、
かなり激しく批判し、過激な発言を繰り返します。

  「ダメ保険を販売している漢字系生保会社を、
  一気に潰すことを筆者は提案したいです。
  (中略)
  現実的には、いつ潰れてもおかしくないのが
  日本生命を始めとする漢字系生保だし、
  潰れないで加入者がこの先何十年も無駄な
  保険料を払うことを考えれば、現状は日々
   “何も知らない善意の被害者を増やしている
  だけ” なのですから、一気に潰すことは
  契約者のためにもなるのです。」

まるで米大統領候補として出馬した
ドナルド・トランプさんのような過激発言で、
ここまで度が過ぎると、何かかつて勤めていた
生命保険会社に恨みがあるのではと、
勘ぐってしまいます。

せっかくデータを元にした、生命保険を選ぶ際の
良いアドバイスをしていても、その信頼性まで
落としかねない言い回しがちょっと残念でした。

さて、本書で三田村さんが、やめた方がいい
と言う「ダメな保険」の条件は次の11ヶ条です。

この内、1つでも該当したら、考え直すべきと
アドバイスしています。

  1. 60歳や65歳になると、大きな保障が消えて
   しまう保険
  2. 平均寿命・平均余命を無視した保険
  3. 元本割れする保険
  4. 保障の中に「更新型」の保険がある保険
  5. 加入している保険を「転換」する
   保険会社の保険
  6. 保険料が「終身払込」の保険
  7. 死亡保険に「医療保険」が組み込まれて
   いる保険
  8. 夫の保険に、妻や子の保障も組み込まれて
   いる保険
  9. 満年齢が適用されない保険会社の保険
  10. 「一時払い」の保険
  11. 難解な設計書・難解な保険証券の
   保険会社の保険

また、婦人雑誌やマネー雑誌の家計診断で
見かける「保険料の高い貯蓄性の保険を、
保険料の安い掛け捨て保険に切り替えなさい」
というアドバイスがあります。

これに対しても、三田村さんは、
「生命保険の本質を理解していない無責任で
バカなアドバイス」と批判しています。

逆に、三田村さんがススメるのは、
漢字系生保以外で、若い時に加入し、
年払いで保険料を払うこと。

しかし、三田村さんのまとめたデータを見ても、
漢字系生保はダメで、それ以外はイイとは、
一概には言えません。

独立系でも外資系や損保系でもダメなところは
ありますから、あまり単純化し過ぎない方が
いいように思えます。

この本から何を活かすか?

三田村さんがまとめた
「保険料収入に占める責任準備金組み入れ率」
の表で、特に経営が安定していないとされる
漢字系生保のトップ5は、次の通りです。

  ・朝日生命
  ・三井生命(買収統合済)
  ・かんぽ生命
  ・大同生命
  ・富国生命

あれだけ批判していた日本生命はトップ5には
入っていません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2664-94f991ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT