活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

女子高生社長、経営を学ぶ

満足度★★
付箋数:17

本書は女子高生社長として話題の椎木里佳さんと、
フラッシュアニメ「秘密結社 鷹の爪」を生んだ
ディー・エル・イー社長の椎木隆太さんの
経営者親子の対談本です。

パパ 里佳は、自分の強みを知って、「女子高生
  起業家」って名乗りだしたわけだよね。
  自分では思ってもみないところに強みが
  あったという発見って、けっこう大きかった?

里佳 かなり大きかった!「あなたは女子高生で、
  かわいくて、社長で、お父さんもすごくて、
  いろんな要素が詰まっているんだよ」みたいに
  言われたりして。じゃあ、それ全部使って
  いこう!って。

パパ そこを冷静に「強み」だととらえて、
  それを「利用しよう」と思えるのはいいところ
  だと思うよ。

確かに、里佳さんは女子高生というアイコンを
最大限に利用して活動しています。

本書の表紙もセーラー服を着た里佳さんですし、
ページをめくるとアイドル顔負けの笑顔で佇む
里佳さんのカラー写真が掲載されています。

また、本書は刊行されて1ヶ月もしないうちに、
(2016/2/23現在)150件近くのアマゾンレビューが
寄せられています。

その大半は、批判的な低評価のレビュー。

しかし、そんな炎上も里佳さんは、うまく利用する
ことを心得ているようです。

パパ それにしても里佳は、ネットでの批判も
  うまく受け流して、たくましくやってるよね?

里佳 いちいち考えていたら大変だしね。(中略)

パパ 最初は凹んだんだ?

里佳 「半年で潰れる」とかいろいろ書かれた。
  そのときはめちゃくちゃ凹んだんだけど。
  でも、あまりに量が多くなってきたというのも
  あるし、慣れたっていうのもあるし。
  あと、けっこう、泳がせると、すごくいいな
  と思い始めて。

パパ 泳がせる?

里佳 泳がせるっていうか、炎上させておくという。
  ツイッターのフォロアーが一番増えるのって、
  テレビでもなく、新聞でもなく、ネットの炎上
  なんだよね。(中略)
  私にとって、経営者として発信力を増やす
  ことは重要で。だから、泳がせるだけ泳がせて
  おいて、知名度・発信力をバンバン増やす。

ここまで炎上をプラスに考えることが
出来ていますから、アマゾンのレビューが低くても
数多のレビューが入ることで、里佳さんの狙いは
達成されているということなのでしょう。

里佳さんは、2020年には会社を上場させ、
同時に結婚と出産をすることを目標にしています。

本気で計画しているかどうかはわかりませんが、
女子高生が「2020年に結婚と出産と上場します!」
と宣言したら、話題になることは間違いありません。

こういったところも、計算しているのでしょう。

個人的には、本書の内容うんぬんというより、
親子のやり取りが気持ち悪くて、
正直、あまり内容が入ってきませんでした。

里佳さんの、何でもパパ、パパと言うの
もそうですし、隆太さんの父親としての
溺愛ぶりも、読んでいて辛いものがありました。

かわいい娘を溺愛し過ぎる様は、傍から見ると、
こんなにも不快に思えるという事実を知り、
私も我が身を振り返って、大いに反省しました。

かわいい娘を持つ世のお父さんは、その意味で、
本書を読んだ方がいいかもしれません。

この本から何を活かすか?

里佳 楽できるんだったら、みんな楽したいし、
  楽してなんぼな時代になっているじゃない、
  今って。だから、別にみんなそんなに苦労して
  生きていないし、日本中探しても生きるのに
  必死って人は、本当に少なくなってきたと思う。
  そんなふうに、みんなイージーモードの中、
  「あいつ一番イージーモードだよね」って
  なれたらいいんじゃないかな。

さすが、いろいろなものを持っているだけの
ことがある発言です。

こんな娘を受け入れられる父親だからこそ、
思春期でも父親離れしなかったのかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2656-e63fc82b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT