活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

藤原先生、これからの働き方について教えてください。

満足度★★★★
付箋数:24

あなたの時給はいくらですか?

こう聞くと、「いやいや私は時給ではなく
月給で働いています」とか、「年収ならわかります」
という答えが返ってくることが多いでしょう。

なぜ、時給を確認する必要があるかというと、
時給こそが、1時間あたりに生み出す「付加価値」
そのものだからです。

仮に年収1000万円でも、年間に3000時間以上
働いていると、時給にすると3000円強です。

これはよく稼ぐ家庭教師の時給を下回ります。

私たち日本人が就く職業を時給換算すると、
中心はおよそ時給3000円から5000円の領域。

しかし、この時給分布は下は時給800円の
ハンバーガー店やコンビニバイトから、
上は時給8万円のシニアレベルのコンサルタント
まで、実に100倍の開きがあります。

この差は、一体、何から生まれるのでしょうか?

時給100倍の差は、仕事の大変さや熟練の度合いで
つくものではありません。

時給に100倍もの差がつく原因は「希少性」。

その人以外に、同じ仕事ができる人が少ない
からこそ、時給が上がるのです。

では、どのようにしたら、自分の「希少性」を
高めることができるのか?

本書で藤原和博さんが、講義するのは、
キャリアを3つ掛け算して「信任(クレジット)の
三角形」をつくる方法です。

例えば、藤原さんの場合、リクルートに入社後、
「営業プレゼン」の練習に1万時間かけて、
100人に1人の人材になりました。

次に、30代で「リクルート流マネジメント」を
1万時間かけて身につけ、この分野でも
100人に1人の人材になりました。

最後に、40歳で独立し、民間校長を務め、
1万時間かけて教育改革に取り組み、
ここでも100人に1人の人材になりました。

結果、3つの分野で100人に1人の人材になり、
100×100×100=100万人に1人の希少性を
手に入れたのです。

この三角形は、最初に経済がどうなっても
食っていけるプロの仕事として、
底辺の左側に軸足を作ります。

次にそれと掛け算すると相乗効果がある仕事を
底辺の右側に軸足を築きます。

この底辺ができたなら、最後に三角形の
頂点となる軸を上の方におもいっきり突き出し、
三角形の面積を広くするのです。

3つ目の軸ができると、希少性のある人材に
なっていて、「三角形の面積=信任」は、
大きくなっているはずですが、
それを全て報酬として換金してしまうと、
自分の自由度が減ってしまいます。

ですから、広げた三角形の面積のうち、
一部だけ換金して報酬にし、残りは現金化せず、
「自由度」として残しておくことで、
余裕をもって仕事ができるのです。

ここまでが、「21世紀の働き方」の基礎講座。

本編では、21世紀という正解のない時代を
したたかに生き抜くために、「情報編集力」を
核として、「信任(クレジット)の三角形」を
作る方法を解説します。

 オリエンテーション 
  21世紀を働く人に必要なたった2つの基礎知識
 レクチャー1
  「情報編集力」の時代に脳みそをアップデートする
 レクチャー2
  納得解を紡ぎ出す情報編集力の鍛え方
 レクチャー3
  「納得解」を共有するための伝える技術
 レクチャー4
  「経営者意識」で飛躍する

本書は講義形式で話しが進みますが、
読者に質問する例題が多く、一方的に話を
聞いているのではなく、自分でも考えながら、
「21世紀の働き方」についての理解が深まります。

この本から何を活かすか?

情報編集力とは、頭の中にある知識・技術・経験を
すべて組み合わせて、個別の状況の中で、
自分も他の人も納得できる「納得解」を導き出す力。

本書では、情報編集力を鍛える4つの方法が
紹介されていました。

  1. ブレストで「修正主義脳」を鍛える
  2. 面接で「ロールプレイング脳」を鍛える
  3. 「シミュレーション脳」を鍛える
  4. 「今の世の中にないもの」を発想する

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2647-b66ea4d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT