活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

戦略読書

満足度★★★
付箋数:24

  「ある日職場で、初めて人と意見が被りました。
   “◯◯って××だよね” と、同僚と同時に
  口に出してしまったのです。その内容までは
  覚えていませんが、まあ、実に凡庸な意見で
  それが二重のショックでした。(中略)
  そうなってしまった理由は簡単でした。
  その前の1年半、人と同じものを読み続けていた
  ためでした。」

三谷宏治さんは、学卒でコンサルティング会社
(ボストン・コンサルティング・グループ:BCG)
に入ったので、入社後は弱点を補強のために、
コンサルタントなら誰もが読むような
ビジネス書ばかりを読んでいたそうです。

その結果、自分がみなと同じことを言う
「ツマラナイ奴」になってしまったと痛感しました。

そこで、「ヒトとは違ったオモシロイ発想」が
できるような読書にシフトしました。

それが本書で紹介する「戦略読書」です。

戦略読書は、自らをコモディティ化せずに、
独自性を作るための読書法です。

まず、人と同じ本ばかりを読まにように、
「読書ポートフォリオ」を組んで、
限られたリソース(時間やお金)を配分します。

読書ポートフォリオは、2軸2×2のマトリックスで、
本を大きく4つの種類に分類します。

BCGの有名な経営資源配分のマトリックス、
「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント」
(PPM)を模したものです。

  縦軸:ビジネス系/非ビジネス
  横軸:基礎/応用・新奇

  左下:ビジネス基礎(カメ)徹底攻略
  左上:ビジネス応用(ウサギ)ファクト集中
  右下:非ビジネス基礎(リュウ)楽しく雑学
  右上:非ビジネス新奇(トリ)流行チェック

このフレームで考えて、自分のキャリアの段階に
合わせて、ポートフォリオを変えていくのです。

例えば、年に100冊読むとすると、
社会人1年目はビジネス分野が100%で、
ビジネス基礎が10冊、ビジネス応用が90冊。

これが社会人2年目~4年目になると、
ビジネス基礎が3冊、ビジネス応用が47冊、
非ビジネス基礎が50冊。

更に社会人5年目以降になると、
ビジネス基礎が1冊、ビジネス応用が33冊、
非ビジネス基礎が54冊、新奇12冊。

ポートフォリオで読む本が決まったら、
次は読み方です。

同じ文章を読んでも、それをどう読むかによって、
読み取る内容に大きな違いが出てきます。

本書では、次の5つの視点を持った「発見型読書」
で、5倍読み取ることを目指します。

  1. 過去や他業界と「対比」して大局観を持つ
  2. 当たり前を覆した「反常識」を見つける
  3. 徹底的に「数字」にこだわる
  4. 人より「一段深く」まで調べる
  5. 得たものは「抽象化」して考える・覚える

また本書は、読み方だけでなく、
「何」を読むべきかの具体的な推奨本も
多数紹介されています。

  「この本には、これまで延べ227冊の本が
  登場しました。そのうち何冊、読みたくなった
  でしょうか?」

227冊は本文で紹介された冊数で、巻末に
掲載されたブックガイドでは435冊(本文内と
重複あり)の本が紹介されています。

この内、SF・ファンタジーが131冊あります。

三谷さんのこれまでの読書史も書かれていて、
本当に読書好きであることが伝わってきます。

書斎や本棚へのこだわりも写真付きで
紹介されていますから、家にどのように
本を置くかも参考になります。

この本から何を活かすか?

  「長年の試行錯誤の末に、本棚は
   “奥行きの浅いものを天井まで” と決めました。
  造り付けの本棚も、通販で買った組み立て式の
  本棚も、奥行きは17cmで統一です。」

私も一般的なサイズの本棚は、手前のスペースが
ムダだと思っていました。

あまり高級感はありませんが、本中心に考えると、
奥行き17cmの本棚が理想的かもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2642-eff071cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT