活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

残念な社員が一流に変わる秘密のルーティン

満足度★★★
付箋数:18

  「毎日、社員同士が雑談することで社員が育つ。
  驚くかもしれませんが、これは事実です。
  といっても、方法を工夫すれば、という前提条件
  付きの話しです。」

なぜ、雑談で社員が育つのでしょか?

本書では、以下の雑談のメリットが挙げられています。

1点目は、仕事と直接関係なくても、
見聞きしたことを自分の言葉で表現すると、
物事を頭の中で整理する訓練になること。

これは、周囲から得た知識を「自分事」として捉え、
後に知恵として生かすことにつながります。

2点目は、雑談で他人から聞いた様々な情報に
関心を持つことによって興味が湧き、
より詳しく調べるきっかけになること。

雑談するには、ネタが必要なので、
ネタを仕入れるために、ちょっとした日常での
出来事を注意深く観察するようになります。

3点目は、他人の話を聞くことで、自分と異なる
価値観を持っている人がいることを、あらためて
認識でき、相手に対する理解が深まること。

どんな人物にも、自分の知らないプラスの面が
あるので、相手の話を聞くことで刺激を受け、
自分の考えの幅を広げることができます。

最近では、業務効率化を目指すばかりで、
職場での雑談は好ましくないという風潮が
ありますが、雑談はコミュニケーションを
円滑にするだけでなく、自分で考えて行動できる
社員を育てるのです。

規模の大小を問わず、企業に共通する悩みは
「人材」についてです。

本書は、「対話」と「ノート」を使って、
自分で知恵を働かせて価値を創造する社員
(自創社員)を育てる方法を解説します。

著者は、経営コンサルタントの東川広伸さん。

東川さんは、これまで中小企業を中心に
300人以上の社長から経営相談を受け、
9000人以上の社員育成に携わってきました。

本書では、東川さんがこれまで培ってきた
コンサルティング経験に基づく
人材育成ノウハウが公開されています。

 第1章 残念な社員を一流に変えるにはコツがある
 第2章 一流に成長するスタートは目標設定と
    計画策定
 第3章 行動が変われば意識が変わる。
    それが一流を生む
 第4章 社長や上司による毎日の対話が一流をつくる

本書で紹介されるのは、お金をかけずに、
人を育てる仕組み。

メインとなるのは、毎日の「対話」の積み重ねです。

最初に紹介した社員同士の雑談もその一つ。

上司から部下へも、毎日10~15分対話を
することで成長を促します。

そのときに必要なのが、「何のためにこの仕事を
すると思うのか」という質問です。

上司と部下が目指す仕事の目的を
最初に一致させておかないと、その後対話を
重ねても見解がズレてしまいます。

ここで上司がしてはいけないのが、
「なぜ~しなかったのか」という質問です。

上司としては、こう聞きたくなる気持ちは
わかりますが、できなかった理由を聞いても
返ってくるのは100%言い訳です。

部下は詰問されていると感じて、
モチベーションが下がってしまいます。

視点は過去から現在と未来へ切り替えて、
「今、どんな状況なのか」、
「今後どうしていくのか」について質問し、
対話を進めていきます。

本書では、このようなコミュニケーションの
方法が具体的に紹介されています。

しかし、本書のもう1つの柱である「ノート」に
ついては、フォーマットは掲載されているものの、
どのように記入し、どう活用しているかなど、
あまり詳しく解説されていませんでした。

個人的には、この「ノート」の部分が、
少し消化不良のように感じました。

この本から何を活かすか?

「信賞必罰」という言葉がある通り、
「褒めるの」反対は「叱る」と考えるのが一般的。

しかし、本書では「褒めるの」の反対は
「がっかりする」と考えます。

例えば、数値目標に届かなかった部下に対して、
叱り飛ばすのではなく、一緒に悔しがる方が、
部下のやる気を引き出せるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 08:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2635-a6221533

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT