活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

仕事のエッセンス

満足度★★★
付箋数:22

   「『仕事のエッセンス』と題した本書で、
  “仕事をするとはどういうことなのか”
  “どういう働き方が可能であるか” また
  “仕事をすることが自分を幸福にし、さらには
  社会を豊かにすることにつながる” ということに
  ついて、原点に返って根本的なところから
  述べてみることにしました。」

著者は、カリスマ予備校講師として知られる
西きょうじさん。

代ゼミから東進へ移り、現在も英語講師として
教壇に立ちます。

ロングセラー『ポレポレ英文読解プロセス50』の
お世話になった方も多いのではないでしょうか。

本書は、そんな西さんが働くことの意味について
考えた本です。

冒頭で、西さんは「なぜあなたは働くのか?」と
問います。

この問いに対し、「お金のため」、あるいは
「生活のため」と答える方も多いでしょう。

実際に内閣府の調査でも、お金を得ることを
目的と答えた方が最も多く50%以上を占めています。

しかし、西さんはこの状態を
「思考停止」に陥っていると指摘します。

もし、あなたが「お金のため」と考えているなら、
「お金さえ稼げるならどんな仕事でもいいのか?」
という点を自分に問うてみてください。

一定の収入が得られた先には、必ず、どういう仕事
をするのか、どういう働き方をするのかという
選択があるはずです。

本書では、「労働」と「仕事」の一般的な言葉の
定義を確認するところから始めています。

「労働」とは生きていくために必要なことで、
強迫感を持ち、継続性や選択性がないもの。

これに対して、「仕事」は生きるための必然に
とどまらず、継続性があり社会構築につながるもの。

西さんは、この一般的な区分けをベースに、
更に「隷属的賃金労働」、「積極的賃金労働(仕事)」
「はたらく」の3つの分類を加えています。

「隷属的賃金労働」とは、生存のためにお金が必要
なので、自分の意思に反する金銭獲得の手段を
取らざるをえない賃金労働。

「積極的賃金労働(仕事)」とは、手段を自分の
意思で選択した労働で、持続性があれば「仕事」へ
発展する労働。

最後の「はたらく」は、人類が群れで子育てを
していたことに由来する考えで、賃金的な報酬の
有無に関わらず「はた(周り)」を「らく(楽)」
にする働き方です。

本書では、労働環境の様々な実態を見渡し、
就職や転職などを含め、こらからの時代の
新しい働き方についても論考します。

最終的に目指す仕事は、「はた」を「らく」にして、
喜びを得るようなことを積極的に行うことで、
賃金を得て、自分の生活も幸福にするものです。

決して、自己の金銭的利益のみを追求するものや、
自己実現のために行うものではありません。

  「仕事とは自分と社会を持続的に接続するもの
  であり、積極的に選択できるものです。
  仕事から “はたらく” 喜びを得られるように
  なると、 “はたらく” ことで自他ともに幸福感を
  与えられます。そうして、自分が安心して生活
  できるコミュニティを形成して維持することに
  つながる手段となりうるのです。」

本書は、今の働き方に疑問を感じている人に
とっては、その意義を見直すきっかけになる本です。

今後、どのように仕事と向き合っていけばよいかを、
多角的に考えることができるようになると思います。

難しいテーマの本ですが、文体は読みやすく、
250ページ超でも、比較的スイスイ読めます。

この本から何を活かすか?

本書では、以前、当ブログでも紹介したことのある
伊藤洋志さんの『ナリワイをつくる』についても
言及していました。

  「個人レベルではじめられて、自分の時間と健康を
  マネーと交換するのではなく、やればやるほど
  頭と体が鍛えられ、技が身につく仕事を
  “ナリワイ” (生業)と呼ぶ。」

「ナリワイ」は、自身の生活自給力を上げ、
仲間を増やしていき、楽しい働き方で、
本書の「はたらく」の考え方に近いものがあります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2614-57b8912b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT