活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

成功の五角形で勝利をつかめ!

成功の五角形で勝利をつかめ!
成功の五角形で勝利をつかめ!
(2008/05/22)
三田 紀房 商品詳細を見る

満足度★★★

献本いただきました。大和書房 編集部 様、ありがとうございました。

本書の著者は、「ドラゴン桜」の三田紀房さんですが、
マンガのキャラクターである、桜木建二(キャラなので敬称略)
が語る形式で書かれています。

冒頭の「まえがき」に当たる数ページが、マンガになっているので、
「この本は、あの桜木が語っているんだな~」
と自然と思えてしまうのは、さすがだと感じました。

桜木は言います。

ほとんどのビジネス書は、役に立たない。

  「ビジネス書の9割はウソだと思え!」

それでは、数少ない役に立つビジネス書とは、どんなものか?

その答えが、「学校の教科書」にあると、
桜木は指摘します。

  ・国語 → 読解力
  ・数学 → ロジカルシンキング能力
  ・理科 → 仮説・検証力
  ・社会 → ネットワーク力
  ・英語 → クソ度胸

これが、本書のタイトルにもなっている「成功の五角形」です。

学校で身につけるべきものを「知識」ではなく
「力」として捉えるのは、なかなか説得力がありました。

本書は、本当に桜木の講義を聞いているようで、
軽快な面白さがあり、非常に読みやすい本です。

だからと言って、本書を読んだら、

  「気合と根性で、教科書を手に入れろ!」

というのは、ちょっと現実的には、無理があるように感じました。

ここは、学生時代に培ったリソースを
有効に活用するという視点で「成功の五角形」を
考えた方が良いかもしれません。

この本から何を活かすか?

本書を読んだ後の、私と妻との会話です。

  私 「この本、教科書を手に入れろって言ってるよ」

  妻 「高校の教科書なら、まだ持ってるよ。出そうか?」

  私 「・・・・」

私の妻は、物を捨てないタイプのなので、
まさかとは思いましたが、ちゃんと教科書も持っていました。

しかし、教科書を引っ張り出しても、何をするかも難しい点なので、
私は、学生時代に5つの力の基礎は培ったという勝手な思い込みで、
それを日常生活の中で、磨こうと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 10:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/261-9914ff47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT