活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

自信がない人は一流になれる

満足度★★★
付箋数:21

  「キンキンに冷えたコーラが飲みたくてたまらなくなる―
  そんな経験は誰にでもあるだろう。しかし、コーラが飲みたい
  という欲求に、生物学的な裏付けはまったくない。
  世界中でたくさんの人が自信を欲しがっているのもそれと同じで、
  本当は必要ないのに欲しがっているだけだ。」

本書はハーバード・ビジネス・レビューで好評を得た
ベストセラーの翻訳本。

著者は、ロンドン大学で人気のビジネス心理学の教授、
トマス・チャモロ-プリミュージクさんです。

本書は、あなたの「自信がない悩み」を解決する本です。

自信が持てるようになる自己啓発本ではなく、
自信がないことを肯定できるようになる社会心理学の本です。

一般的には、自分に自信を持つことが成功する秘訣のように
語られることがありますが、プリミュージクさんは、
「根拠のない自信は、ゴミ箱に捨ててしまえ」と言います。

冒頭の引用は、「自信はコカ・コーラと同じ」という喩え。

どんなにコーラが好きな人でも、それが体に良くないことは
大抵の人は自覚していますが、自信となると、
持っていても利点がないと自覚している人は少ないようです。

つまり、自信を持つことは、コーラより厄介なのです。

本書によると、自信があることと、実力があることの
相関係数は「0.3」であると書かれています。

相関係数は0.0~1.0までの間の数字で表され、
数字が大きくなるほど、相関が強くなります。

一般的に相関があると認められるのは、
相関係数0.7以上ですから、自信と実力の間には、
数学的に見ても、あまり相関がないと言えるようです。

また、プリミュージクさんは、自信がないことは、
メリットとして働くことの方が多いとも言います。

  ・自信の低さは、実力を高めるモチベーションになる。

  ・不安な気持ちによって危険に気づき、危険を避けることができる。
  
  ・自分の能力に自信がないことは、目標達成のために努力する
   きっかけになる。その結果、実際に能力がつく可能性も高くなる。

  ・他人の考えに興味を持ち、自分中心ではなく他人中心に考えると、
   他人が自分をどう見ているのかがわかり、不安を克服する
   助けになる。

ちょっと、下世話な話になりますが、自信がない人は、
「浮気をしない」というメリットもあります。

誰しも、多かれ少なかれ、誘惑に負けそうになることはあっても、
最終的に浮気をしないのは、自信がないからです。

自信のない人は、バレるのが怖い、きっとバレてしまうと考え
思い止まることができます。

一方、自信満々の人は、自分なら隠し通せると確信して、
浮気をするのです。

世間一般で、自信過剰な権力者に浮気が多いのもこのためです。

  「浮気をしてもバレないという自信、または、たとえバレて
  捨てられても、すぐに次のいい相手が見つかるという自信が
  なければ、世の中から浮気をする人も少なくなるだろう。
  それゆえ、自信のなさは利点ということになる―
  愚かな決断をするのを妨げる抑止力になるということだ。」

更に、自信がない人の方が長生きするようですから、
キャリアの面でも、結婚生活の面でも、健康面でも
多くの点で自信の低さには利点があるようです。

本書を読むと、自信がないことに自信が持てるようになります。

この本から何を活かすか?

  社交スキルも自信の有無とは無関係

本書では、自信の低さを社交スキル向上ににつなげる
3つの方法が紹介されていました。

  方法1) 悲観的に現実を見る
  方法2) 自意識を保つ(お酒の席でも)
  方法3) とにかく準備を怠らない

この3つの方法は、かなり社交スキルに問題がある人でも
有効に機能するようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2580-9eaa2de5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT