活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

世界のエリートに読み継がれているビジネス書38冊

満足度★★★
付箋数:-

本書は、ビジネス名著のまとめ本です。

  「本書でピックアップした38タイトルの書籍はすべて、
  内容の質的にも体系的にも、そして掘り下げ方の深さの面でも、
   “最高峰” のものばかりです。そのほとんどが世界の
  主要ビジネススクールの定番読書リストとして、
  現在でも読み継がれています。本書で取り上げた中の1冊を
  通して読んだだけでも、流行のビジネス書を100冊読むよりも
  多くのことを得られるのは間違いありません。」

本書は2004年に総合法令出版からグローバルタスクフォース著で
刊行された『あらすじで読む 世界のビジネス名著』を元に
増補・改訂された本です。

前著で紹介されたタイトルは28冊でしたが、本書では10冊増えて、
38冊となっています。

10年以上経ってから改訂されていますから、紹介されている本も
さぞ入れ替わったかと思いきや、前回紹介されていて、
今回紹介されていなかったのは、わずか1冊のみでした。

やはり、もともと「ド定番」のみを厳選していたので、
長い年月を経てもその価値は変わらなかったのでしょう。

今回紹介から漏れた1冊とは、G・ベネット・スチュワートさんの
EVA創造の経営』でした。

逆に、今回新たに加わった本は、次の11冊です。

・『第1感
・『なぜ、わかっていても実行できないのか
・『バイアスを排除する経営意思決定
・『ビジネス統計学』(上・下)
・『予想どおりに不合理
・『[新装版] 企業参謀
・『イノベーションの最終解
・『価格戦略論
・『刺さる広告
・『アイデアのちから
・『企業戦略論』(上・中・下)

この10年のうちに刊行され、新定番となった本もありますし、
2004年の時点で定番だったにも関わらず、恐らく紙面の関係で
紹介できなかったであろう本も加わっています。

本書では、「ゼネラルマネジメント」、「論理的思考」、
「技術経営・アントレプレナーシップ」、「ヒト(HR/組織行動)」、
「モノ(マーケティング)」、「カネ(会計・財務)」、「戦略」
の7つの分野に分けて名著が紹介されています。

今回新たに加わった11冊中、6冊が「ゼネラルマネジメント」に
分類される本で、3冊が「モノ(マーケティング)」の本でした。

本書で紹介される名著は、それぞれ8~10ページで概要が
まとめられています。

1ページ目で書籍の概要として、中心となるキーワードを数点挙げ、
「機能別分類」と「キャリア職位別分類」で、その本の
ポジショニングを明らかにしています。

2ページ目以降は、「読み継がれる理由」、「要旨」、
「重要なメッセージ」の3つに分けてその本のエッセンスを抽出。

最後には、目次をツリー化した「体系マップ」が掲載され、
その本の理論構成が一目でわかるように紹介されています。

「キャリア職位別分類」では、入社5年目ぐらいまでの
ジュニアスタッフと、係長から課長までのミドルスタッフ、
そして部長レベル以上のマネジメント層のシニアスタッフの
3つの層に分類し、どの層の人が読むべき本かを示しています。

この本から何を活かすか?

偶然にも、昨日のブログ記事で大前研一さんの『企業参謀』に
ついて触れましたが、同書の「読み継がれている理由」は
次のように紹介されていました。

  「オピニオンリーダーとして現在も活躍中の大前研一氏により
  約40年前に執筆された1975年、1977年発刊の『企業参謀』
  『続企業参謀』を1冊にまとめた新装版。累計発行部数50万部を
  超える。もともとは当時30代のマッキンゼーの新人コンサルタント
  だった大前氏が私的メモとして書き留めていたものを書籍化
  したものであるが、氏の代表作として現在でも読み継がれる
  ロングセラーになっている。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2528-dcf869b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT