活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

プロが絶対買わない金融商品

プロが絶対買わない金融商品-あなたは「カモ」られている-
プロが絶対買わない金融商品-あなたは「カモ」られている-
永野 良祐 (2006/12/14)
扶桑社

満足度★★★★

エピローグで驚かされました。

金融のプロ、著者の永野さんの所有金融資産。

そのほとんどが、普通預金。
ほか2割程度がインデックスファンドとか。

なぜプロなのに、いろいろな運用をしていないのか?

それは、「持っているお金を増やすことに違和感がある」から
と書かれています。

金融のプロで、こういうふうに公言している方が
いることにビックリしました。

さて、本書は「投資信託にだまされるな!」では簡単すぎると感じたり、
もっと詳しく金融商品の仕組みを、知りたい方に最適な一冊です。

基本構成は、
商品説明→典型的な売り文句→その商品のカラクリ→商品開発の裏側
という流れで、説明されています。

元外資系金融機関で、デリバティブを使った商品開発を
長年やっていた方だけあって、「商品開発の裏側」が
わかりやすく解説されていますね。

本書では、「買ってはいけない金融商品」を中心に
話が進みますが、永野さんが勧める対象は以下の通りです。

  ・単純な株式投資
  ・個人向け国債
  ・郵便局の定額貯金
  ・外為証拠金取引

全体的に、辛口な書き方ですが、わかりやすくきちんと根拠も
述べられているので、金融機関の売り文句にのってしまいそうな方は、
一読してから、金融機関に足を運んではいかがでしょうか。

この本から何を活かすか?

とりあえず、郵便局の「投信の売り文句」を聞きに行ってみました。
その時の、私と郵便局の投信担当者との会話です。

 私:おすすめの投信ありますか?
 郵:「野村世界6資産分散投信」を買われる方が多いですよ。
 私:このファンド、外国株式のベンチマークは何ですか?
 郵:(あわてる)え~っと・・・(一生懸命、なにか資料を探す)
 私:(目論見書を見て)あ~、MSCIの“KOKUSAI”なんですね。
 郵:いいえ、外国株式に“国債”は入っていません。
 私:そうじゃなくて、モルガン・スタンレーのインデックスで・・・
 郵:なんですか、それ?

こんな会話か繰り返され、あまり郵便局の「売り文句」は聞けませんでした。

May the reading be with you!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 11:04 | comments:7 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

はじめまして、楽しく拝見させていただきました。
またちょくちょく拝見させていただきます。

| memaido | 2007/06/06 11:20 | URL |

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。

たくさん本を読んでらっしゃいますね。
私は1週間に1冊がやっとです。


本を選ぶ時の参考にしたいと思います。
これからも頑張ってください。
また拝見させてもらいます。

| nepianepia | 2007/06/06 21:17 | URL |

コメントありがとうございます!

コメントありがとうございました。
1年で300冊は、本田直之さんに迫るイキオイですね!

僕もサオだけ屋~の山田真也さんとか香港大富豪~の林さんの本を読んでからは投資についての勉強も始めてます。
なので、プロが貯金8割回しているっていうのは驚きですね。

またお邪魔させていただきます。

| cupidgod | 2007/06/06 22:55 | URL |

ごっつあんです

私は本を読むのが好きですけど、あまり読むのが早くないので1日1冊読める人はマジ尊敬です。
やっぱり速読とかされているのですか?
私はフォトリーで挫折中です。

| ぷー社長 | 2007/06/06 23:14 | URL |

コメントありがとです

トラックバックもありがとうです。
あまり慣れてないのですが、TBしてもらったら
ぼくはどうすれば良いのでしょうか(^_^;)
とりあえず、お礼を伝えにきました。

| 資産太郎 | 2007/06/06 23:40 | URL |

memaidoさん

訪問いただき、ありがとうございます。金融に関するニュースのブログなんですね。

nepianepiaさん

節約は素晴らしいことです。いくら収入が増えても浪費する
人は資産を増やせません。応援しています。

cupidgodさん

キューピッドさん。私も山田さんや林さんの本、読みました。
本から刺激を受けるのは良いことです。まずは、勉強しながら
小さく始めるのが、良いのではないでしょうか。

ぷー社長さん

私は、速読はできません。基本的に時間がたくさんあります。
それは、サラリーマンをしていないことと、早起きが主な理由
だと思います。それでも、どこに行く時でも1~2冊の本は
携行して読んでいます。

資産太郎さん

できらた、コメントする時に、URL入力してもらえると
ありがたいですね。それがあれば、すぐにもう一度
訪問できますから。あと、気が向けば、トラックバックや
コメントは、気軽にしてくださいね。

| ikadoku | 2007/06/07 09:19 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/06/07 22:08 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/25-b7b33fe5

TRACKBACK

プロが絶対買わない金融商品

ちょっと軽めの本だが, 最近の投信信託や債券などの金融商品について, その商品の

| あたしときどき思うの | 2007/06/07 21:58 |

プロが絶対買わない金融商品の読書と足跡 永野良佑 読書感想 知っておきたい投資ネタ

プロが絶対買わない金融商品 著者 永野良佑 永野/良佑 金融アナリスト。 外資系金融機関でデリバティブを駆使した商品設計等に長期間携わる。 現在は執筆・講演活動のかたわら、 金融教材の作成協力など投資家教育にも強い関心を持つ 投資信託の手数料が高いワケ、 外貨の高利率の落とし穴、 毎月分配型投信の原資は…。 金融のプロが商品のカラクリ...

| 読書と足跡 | 2017/04/16 06:58 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT