活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

究極の成功思考

ツキを呼び込む 究極の成功思考
ツキを呼び込む 究極の成功思考
(2008/04/05)
西田 文郎 商品詳細を見る

満足度★★★

ツキを呼び込むと、素晴らしい人生を手に入れることができます。

それでは、どうしたらツキを呼び込むことができるのか?

本書の著者、西田文郎さん曰く、
そのためには、「自分の思考を変えること」。

その思考を変えるものこそが、「言葉」であり、
本書では、72の強力なパワーを持つ言葉が紹介されています。

例えば、その一つに
「ツキは錯覚からはじまる」という言葉があります。

この言葉に対し、以下のように解説(超要約)されています。

  人は皆、自分の将来を錯覚しながら生きている。
  但し、その錯覚には「肯定的錯覚」と「否定的錯覚」があり、
  どちらの錯覚をするかが、幸せと不幸せの分岐点になる。

同じ錯覚をするにしても、ツキを呼び込む錯覚の方が
イイに決まっていますから、これは強く自分に言い聞かせて、
「肯定的錯覚」をしたいものですね。

本書のような言葉を集めた本は、読む人の心の状態によって、
どのフレーズが心に響くかが、違ってきます。

ですから、頭から一気に最後まで読んで終わりにするより、
毎日の気分に合わせ、気になる箇所を選んで読んだり、
壁に当たった時に、ヒントを探すようにして読むのが良さそうです。

私も、しばらくは本書を手元に置いて、
時々ページを開いて、刺激を受けようと思います。

あと本書を読んで、「思考を変えるための言葉の本」としては、
私は、杉村太郎さんの「アツイコトバ」が好きだったことを
思い出しました。

この本から何を活かすか?

  「人生に大変なことは3回しかない。
  1つ目は、母親の産道を通過して、この世に生まれてくる瞬間。
  2つ目は、死ぬ時。
  そして、3つ目が生きている間に経験する一番大変なこと。」

この話しは、本書の「あとがき」に書かれていました。

前にどこかで聞いたことがあるような気もしますが、
これを機に、この話しを覚えて自分のものにしようと思います。

自分も含め、誰かが「大変だ、大変だ!」と口走っている時に、
スッとこの話しが思い出せるといいですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/249-425be11a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT