活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ビジネス×数学=最強

満足度★★★
付箋数:22

  「あなたは、とある八百屋の店主です。3代続いた店ですが、
  最近は近所に安売りのスーパーができて売り上げが落ち込んでいます。
  でも、あなたは値下げすべきではないと考えています。
  大手スーパーと価格で争うのは難しいだろうと考えているからです。
  店を存続させるための方策として、
  はたしてこれは正しい判断でしょうか?」

これは、本書に掲載されてた問題の中の1問。

本書は、あなたの中に眠る「数学力」を呼び覚まして、鍛える本です。

著者は数学専門・個別指導塾「永野数学塾」塾長の
永野裕之さんです。

数学本で『ふたたびの微分・積分』や『大人のための数学勉強法』、
勉強本では『東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法
などを執筆している方です。

永野さんが言う「数学力」とは、関数や方程式の問題が
解ける力のことではなく、物事を論理的に考える力です。

つまり、「論理力」のことですが、突き詰めると、
「人に自分の考えを伝える力」と「人の言っていることがわかる力」
の2つの力になります。

これはオンでもオフでも、生きていく上で必要な力。

本書では、ビジネスシーンや日常生活の中に隠れている
数学的なものの考え方を紹介します。

さて、冒頭で挙げた問題は、「背理法」を用いて考えます。

背理法とは、「あなたの言う通りだと、◯◯という
おかしな結論になる。だからあなたの言っていることは
間違っている。」とする考え方です。

背理法の手順は、最初に結論の否定を仮定して、
次にその仮定が矛盾することを導きます。

では、背理法で八百屋の店主の判断の是非を考えてみましょう。

  1. 「店を存続させるためにはスーパーと同程度まで
   値下げすべきである」と仮定する。

  2. するとスーパーのように大量仕入れできるわけではないので、
   原価割れする商品が続出。

  3. 売れば売るほど店は損をする。

  4. これは店を存続させるためであることと矛盾。

よって、値下げするべきではないとの結論に達します。

もちろん、価格を据え置いたからといって、
簡単に生き残れるわけではないのが現実。

しかし、少なくとも値下げすることが八百屋にとっては
得策でないことが論理的にも証明できるのです。

この八百屋が存続するためには、いたって平凡な
結論かもしれませんが、価格以外の面で、
地元で長く親しまれた店ならではの付加価値を
つくり出す必要があるのでしょう。

本書は、数式はほとんど出てこないので、
文系の人でも抵抗なく読めるように書かれています。

超文系である永野さんの奥さんのレビューを受け、
文系の人がアレルギーを起こすような表現がないか、
事前にチェック済みのようです。

本書は、18の講義で、あなたの論理的思考力を磨きます。

この本から何を活かすか?

ドラえもんの4次元ポケットは、なぜあんなに小さいのに
何でもはいるのか?

永野さんは、この問いを「次元」の視点から解説しています。

小さなポケットに無尽蔵に何でも入ってしまうのは、
あのポケットがまさに「4次元」だからです。

われわれのいる3次元の空間に、「時間」の軸を加えた
4次元のイメージで考えてみます。

時間軸が新たに加わると、その空間にモノが詰まっていても、
時間をずらして過去や未来に行けば、その空間はスッカラカン。

だから、次元を1つ増やすことで、小さなポケットは
無限に近い空間を手に入れているのです。

このように次元を1つ増やせば、今までなかった可能性が広がります。

ビジネスでは、既存のコンセプトとは違う新機軸を
見つけたい時に、この考えが応用できるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 数学 | 06:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2459-ec4986d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT