活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

経済学の95%はただの常識にすぎない

満足度★★★
付箋数:22

  「大半のエコノミストの喧伝とは裏腹に、経済学には唯一の
   “正しい” 理論も学派もない。この数十年間ほど新古典主義派が
  経済学の主流派だが、少なくとも9つの学派があり、
  それぞれ一長一短である。(中略)

  諺に曰く “ハンマーを持つものには何でも釘に見える” 。
  特定の理論的視点から物事を見ようとすると、
  型にはまった問いとそれへの回答に凝り固まってしまう。
  目の前の問題は釘なのだ、だから自分の持つハンマーという
  工具が最適なのだ、と。だがたいていの場合、あなたに必要な物は
  さまざまな工具を収めた道具箱である。」

当ブログでは過去に『世界経済を破綻させる23の嘘』を
紹介したことがある、ケンブリッジ大学の経済学者、
ハジュン・チャンさんが2014年8月に刊行した
Economics: The User's Guide』の邦訳本です。

タイトルを直訳すると、「経済学の取扱説明書」となりますね。

本書で紹介される経済学の学派は次の9つあります。

オーストリア派(A)、行動経済学(B)、古典学派(C)、
デベロップメンタリスト(D)、制度学派(I)、
ケインズ経済学(K)、マルクス経済学(M)、
新古典主義派(N)、シュンペーター派(S)

そして学びたい目的別に、どの学派の経済学を
参照すべきかが示されています。

  ・経済の構成要素よりも経済制度について学びたければ、MDKIを。
  ・各種の自由市場擁護論に興味があれば、CANを。
  ・政府介入が必要なこともある理由を知りたければ、NDKを。
  ・なぜ企業が存在し、どう働いているかを知りたければ、SIBを。
  ・失業と景気後退を取り巻く議論は、CKを。

この9つの経済学をカクテルになぞらえて、
健康上の注意が記されています。

  「一種類ばかり飲んでいると、視野狭窄、傲慢、
  そしておそらく脳死に至る危険性があります。」

また、本書の「はじめに」には、他の経済学入門書との違いが
2点挙げられていました。

  「一つには、読者と真っ向から向き合うことだ。
  本書はいくつかの深遠な真理を概説するものではない。
  何種類かの経済学的分析方法を紹介するが、それは読者にも
  さまざまなアプローチの違いが十分にわかると信じているからだ。
  (中略)
  本書と他の経済学入門書のもう一つの違いは、さまざまな実例を
  収録してあることだ。他書のように一、二国に絞ったり、
  富裕国と貧困国など特定の分類に限ることはしない。」

本書は400ページ超の大作ですが、意外とスイスイ読めます。

それは、豊富なデータに基づく具体例やタイムリーな話題を
ふんだんに使って説明されているからです。

本書では、経済学を正面から捉えたり、裏側から見たり、
斜め上から眺めたりするなど、様々な視点が示されます。

立体的に経済学を映し出すことができたら、
あとはそれを実際にどのように使うかを考えます。

この本から何を活かすか?

ハジュンさんは、ケンブリッジ大学の大先輩である、
モンティ・パイソンのジョン・クリーズさんに敬意を表し、
本書の「はじめに」を次の言葉で締めています。

  「And Now For Something Completely Different....」

ただ、この部分には個人的に2つ不満があります。

1点目は、「空飛ぶモンティ・パイソン」のクリーズさん演じる
アナウンサーの言葉を引用するなら、それを受けるイッツマンの
「It's!」のセリフまで使って欲しかったこと。

2点目は、「And Now For Something Completely Different....」
の日本語訳に違和感があること。

訳者の酒井泰介さんは、モンティ・パイソンの吹き替え版を
見ていないのかもしれませんね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2451-6ffcb840

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT