活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

決める――すべてを一瞬で判断できるシンプルな技法



満足度★★★
付箋数:21

あなたは、どのように仕事の優先順位をつけていますか?

毎日、余裕を持って仕事をこなしている人は、
それほど多くないはずです。

ほとんどの人が、1日ではとても終わらない量の仕事を前にして、
「いちばん急がなければヤバイいのはどれか」の基準で
仕事をこなしているのではないでしょうか。

つまり、「締め切り」によってタスクの優先順位を
A、B、Cとつけているということです。

ここで一度仕事から離れて、ゴミ出しをする場合の
優先順位を考えてみましょう。

月曜日の朝がゴミの回収日で、ゴミは前日の夜に出すことが
できる地区に住んでいるとします。

日曜日の晩、家族と一緒に自宅でくつろいでいるときは、
ゴミ出しのタスクは、ほとんどの人にとっては
優先度の低い「C」です。

夜のうちにゴミを出し忘れて、月曜日の朝、まだ回収まで
少し時間の余裕のある時点での優先度は「B」です。

しかし、通りからゴミ収集車がやってくる音が聞こえたら?

その瞬間、ゴミ出しのタスクは「A」に格上げです。
ゴミを持って、回収場所まで走らなければなりません。

この例では、ゴミ出しというタスクそのものは、
何も変わらないのに、締め切りが近づいたことで
優先順位がどんどん上がっていっています。

毎日の仕事を「締め切り」によって優先順位をつけることは、
収集車が迫っている中で、常にゴミ出しをしている状態。

本当はあまり価値を生み出すことのない平凡なタスクが、
緊急性だけで判断され、いかにも重要なタスクのように
こなされているのです。

本書の著者、スティーブ・マクラッチーさんは、
人の動機には2種類しかないと言います。

1つは「何かを得た」いという動機で、そのために行うことを
本書では「ゲイン」タスクと呼びます。

もう1つは「苦痛を回避したい」という動機で、
そのために行うことを「ペイン回避」タスクと呼びます。

ペインの回避タスクは、しなくてはいけないことですから、
放置しておくと、必ず他の誰かに指摘されます。

一方、ゲインタスクは緊急性がありませんし、
ほとんどの場合、今しなくても問題はありません。

ですから、人はペイン回避タスクを優先して行う
傾向があるのです。

しかし、将来的に大きな成果をもたらす、
本当にやるべきことはゲインタスクの中にこそあります。

また、ゲインタスクに向かっている方が、
自分が望んでいることを行うわけですから、
ワクワクしてモチベーションが上がるはずです。

本書は、スケジュールの中に、いかにしてペイン回避タスク
の前にゲインタスクを組み込むかを解説します。

スティーブン・コヴィーさんが『7つの習慣』の中で説いた
重要度と緊急度の2軸による時間管理マトリックスを、
ペインとゲインの2軸に変えたイメージでしょうか。

タイトルからすると、判断力を上げるための本のように
思われますが、優先順位付けのための本です。

ゴミ出しよりも、ゲインタスクを優先して、
将来的に高い成果を得ることを目的としています。

この本から何を活かすか?

  「目標を実現できない人が大勢いるのは、実現に向けて
  動く時間を確保しようとしないからである。」

マクラッチーさんが推奨しているのは、
カレンダーにゲインタスクを書き込んでおくことです。

今する必要のないゲインタスクを行う時間は、
待っていても永遠にやってこないのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 時間術 | 06:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2428-696f32be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT