活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

世界で活躍する人は、どんな戦略思考をしているのか?

世界で活躍する人は、どんな戦略思考をしているのか?世界で活躍する人は、どんな戦略思考をしているのか?
(2015/03/21)
塩野 誠

商品詳細を見る

kindle版 世界で活躍する人は、どんな戦略思考をしているのか? (中経出版)

満足度★★★★
付箋数:25

塩野誠さんと言えば、ライブドアに在籍していた時に、
堀江貴文さんの下でニッポン放送買収等を担当した方です。

現在は株式会社経営共創基盤(IGPI)の取締役マネージング
ディレクター・パートナーを務めています。

本書はそんな塩野さんが、「プロとして生きていくために、
どこまで何を知っていたらいいのでしょうか?」
という質問に対する回答として書いた本です。

かなりターゲットとする読者を絞って書いていますが、
そこに当てはまれば、グッとくる本だと思います。

ですから、購入前には必ず「はじめに」目を通しましょう。

  「本書は非常に限られた読者を対象にしています。対象としない
  読者の方にご購入いただき、経済的にご迷惑をおかけしたり、
  レビューで星一つの評価をされる前にご説明と免責を行います。
  対象者は、次の通りです。」

塩野さんの対象読者と免責の説明は、
実に10ページ以上に渡り書かれています。

説明や免責の部分を除外して、対象読者のみ列記すると
以下の通りになります。

  ・日本のGDPと雇用の3割のグローバルな競争をしている
  ビジネスにおいて、そのまた数パーセント程度のトップクラスの
  高度知識人材として仕事をしたい人

  ・知識集約型産業において、研究者ではなくマネジメント側で
  仕事をしたい人

  ・特定の企業の中だけで通用する知識やスキルではなく横移動が
  可能な汎用的な知識やスキルによって仕事をしたい人

  ・トップクラスの仕事をしたい若い人、または若い人と
  同じくらい柔軟な人

  ・ビジネス書をたくさん読んできたけど、どれも同じことが
  書いてあると思うのでそろそろ読むのをやめたい人

  ・高度知識人材としてビジネスで価値を出していくための
  基礎として「何を」「どれくらい」知っておくべきか知りたい人

  ・MBAや戦略系コンサルティング会社に過度に恐れや期待を
  抱きたくない人

  ・リーダーになる覚悟がある人

かなり沢山の条件が出てきましたが、現在の職種たスキル、
役職に関係なく、上昇志向の強い人を対象としています。

  「本書の目的は、筆者のような凡人の戦力化にあります。
  人間の7割程度は能力に大きな差はありませんので、
  後は心構えの問題です。本書は凡人がトップクラスの
  ジェネラリストになるために必要な技術を一生懸命にコツコツと
  努力することによって学ぶことを想定しています。」

説明されている内容は、世界における日本の位置の話に始まり、
名刺交換や会食でのビジネスマナー、服装、出張の準備、デスク周り、
学習の仕方、プレゼンテーション、リーダーシップ、
メディアリテラシー、企業評価、コーポレートファイナンス等々。

1人のビジネスパーソンとして必要な、非常に基本的なことから、
海外企業と資本・業務提携ができる高度なレベルの話まで、
広く書かれています。

横に広範囲なのではなく、縦のレベル差が大きいということです。

まさに「凡人をトップクラス人材に」という言葉に偽りなしですが、
一気に吸収できる内容ではありませんから、自分の成長と共に
長く付き合っていく本だと思います。

この本から何を活かすか?

  地図を逆さにしてみる

  「知らないうちに強い先入観を植え付けられていることがあります。
  例えば地図の見方です。地球は丸いので本来は地図はどこから見ても
  よいはずです。(中略)例えば日本と中国、韓国といった国を
  いつもあなたが見ている地図を逆さにしてみると、少し感じ方が
  変わってきます。」

実際にやってみると、ただ逆さまにしただけで、
いつもと全然違う印象を受けますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2405-4c8153b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT