活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の指標

「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の指標 (朝日新書)「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の指標 (朝日新書)
(2015/03/13)
坂本光司、坂本光司研究室 他

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

  「人をトコトン大切にする “いい会社” が飛躍的に増加すれば、
  わが国企業ばかりか、わが国そのものが、再び世界の人々が
  羨望するようないい国になれるのです。
  とはいえ、 “いい会社” といってもイメージとしてはある程度
  理解できているものの、具体的にはどういう会社か。
  どう経営をすすめればいいのか・どこをどのくらい
  改善すればいいのか・・・・・といったことについては、
  正直わかりにくいと思います。」

トコトン人を大切にする会社は、業績も良くなる。

本書は、あなたの勤めている会社(あるいは経営している会社)が
「いい会社」かどうか採点できる本です。

著者は『日本でいちばん大切にしたい会社』の坂本光司さんと
坂本さんの研究室のみなさんです。

坂本さんが判定基準として定めた指標は、
10項目×10指標=100指標、つまり100点満点です。

  1. 社員に関する指標
  2. 社外社員(仕入先・協力企業等)に関する指標
  3. 現在顧客と未来顧客に関する指標
  4. 高齢者・女性・障がい者に関する指標
  5. 経営者に関する指標
  6. 社員の確保・育成・評価に関する指標
  7. 福利厚生等に関する指標
  8. 社会貢献活動に関する指標
  9. 中長期経営計画・経営理念等に関する指標
  10.経営全般に関する指標

この指標は、これまで坂本さんが全国各地7000社を超える企業の
現地調査を行い、その中で好不況、円高円安に限らず、
安定して高い業績を残している企業に共通する点を抽出して
設定したものです。

世間ではイメージだけでブラック企業・ホワイト企業と
言われますが、本書の指標を使うと誰でも採点できますから、
本当にブラックなのか、ホワイトなのかがわかります。

2011年から行っている「日本でいちばん大切にしたい会社」
大賞受賞企業の大半は75点以上。

もし、この指標で自己診断して50点以下なら、
外部環境や競合に問題があるのではなく、
会社の内部に改善すべき点が多いということです。

それでは、「社員に関する指標」の中身、10指標を見てみましょう。

  01. 過去5年以上、社員数が維持・増加している
  02. 過去5年以上、人員整理等(リストラ)は一切していない
  03. 過去5年間平均の、正社員の転職的離職率は3%以下である
  04. 過去5年以上、重大な労働災害は発生していない
  05. 定期的に労働条件や就業環境等に関する社員満足度調査を
   外部に依頼し、その満足度は常に70%以上である
  06. 毎年、経営者または部門の最高責任者が、社員一人一人の
   要望を聞くために個別面談を勤務中に実施している
  07. 過去5年以上サービス残業は一切させていない
  08. 社員が自社株を保有できる制度があり、血縁のない
   社員出身の取締役がいる
  09. 財務内容等主要な経営情報は全社員に毎月公開し、
   理解を深めている
  10. 社員一人当たりの月間平均所定外労働時間は10時間以下である

これから就職・転職しようと考えている企業や、
長期の株式投資先として考えている起業があれば、
本書の指標はその事前診断として使えそうです。

外部から100指標全てを調査するのは難しいかもしれませんが、
わかる指標だけに限定して調べても、
企業を比較する際には便利だと思います。

この本から何を活かすか?

  「社員の多くが、子供や後輩に自社への入社を
  すすめたいと思っているか?」

これが本書の99番目の指標です。

本書の冒頭で紹介されていた3社(いずれも匿名)は、
いずれもこの指標が「◯」になっていました。

自分の勤めている会社の満足度が、
相当高くないと、「◯」にならない指標だと思います。

就活する場合は、これだけても先に聞いておいた方が、
いいかもしれませんね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 09:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2396-a214eb61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT